社会福祉学専攻

専攻概要・特徴

本専攻では社会福祉の専門研究者として自立して研究を進めることができる能力を養い、 将来、社会福祉研究・教育の中心的な担い手となる人材の養成を目指すとともに、社会福祉の現場で社会福祉学を基盤とする高度な研究能力、 指導力を備えた専門職業従事者として関連領域の専門職と協働して活躍できる人材の養成を目標としています。

本専攻は、授業科目を「社会福祉理論・歴史特別研究」「社会福祉政策・計画論特別研究」「社会福祉実践・援助論特別研究」の3つの領域で構成しています。

社会福祉理論・歴史特別研究」では、社会福祉の歴史的展開を踏まえつつ、 21世紀の新たな福祉問題(対象論)に応えうる社会福祉理論(社会福祉発達史論及び福祉社会論を含む)の構築を目指して「社会福祉理論発達史」を内容とする 研究の開発と指導を行います。

社会福祉政策・計画論特別研究」では、 グローバル化と ローカル化が同時進行するなかで、現代の福祉問題の多くは、解決の「場」をローカリズムに求めています。 新たな福祉問題(人口高齢化と少子化、貧困と格差拡大、社会的排除と孤立他)に対応できる、社会福祉の政策と計画の側面に焦点化した 制度政策研究と理論研究を結合した研究の開発と指導を行います。 「医療保障政策」では、当面の重要な政策課題のひとつである、医療福祉の計画的整備のあり方について研究の開発と指導を行います。 「地域福祉政策」では、わが国の社会福祉政策の歴史的展開、近年の社会福祉制度改革と計画化の動向を踏まえた上で、 地域における政策と計画に焦点化した研究の開発と指導を行います。

社会福祉実践・援助論特別研究」では、新たな福祉問題にアプローチし、 かつ問題解決に向けた社会福祉の実践・援助の方法及び技術研究と理論研究を結合した研究の開発と指導を行います。 「社会福祉方法論」では、ソーシャルワーク、ケースマネジメント、スーパービジョン等の技法についての能力を身につけさせることを目標とした、 研究の開発と指導を行います。 近年の新たな動向として認知症高齢者や要介護高齢者、そして精神障害者の地域生活支援や評価への社会福祉実践及びその支援方法が求められていることに対応し、 「ソーシャルワーク実践理論」「ケアマネジメント実践論」「地域福祉実践」「健康医療社会論」「福祉住環境論」「家族福祉論」「ジェンダーと社会福祉」 「障害者福祉論」「障害者支援論」を内容とした、研究の開発と指導を行います。

入学相談会
入試日程
大学院イニシアティブ
21世紀COEプログラム
専攻概要・特徴
科目・担当教員一覧
博士学位取得までの流れ[PDF]
博士学位論文テーマ
博士学位授与実績
研究科パンフレット
入試要項
資料請求ページへ(別ウィンドウが開きます)
問い合わせページへ(別ウィンドウが開きます)
このページのトップに戻る