日本福祉大学 大学院 模擬講義(医療・福祉マネジメント研究科_教員による講義)

  1. 大学院TOP
  2. 模擬講義(医療・福祉マネジメント研究科_教員による講義)

開催趣旨

要項

日本福祉大学大学院では、本学大学院「医療・福祉マネジメント研究科」教員による模擬講義を名古屋キャンパスで開催いたします。

大学院の講義の雰囲気を実際に体験することができるほか、各回とも模擬講義終了後に開催する入学相談会に参加することが可能です。大学院への進学を検討されている方、関心のある方はこの機会に是非ご参加ください。

模擬講義専用の 参加申し込みページ で受付を行います。ご希望の方はお早めにお申し込みください。なお、受講の申し込みを行われた方はご希望の講義当日にキャンパスまで直接お越しください。

今年度の模擬講義は5回、開催します。
参加を希望される日程に対して、お申し込みください。(複数の日程への申し込みも可能です)

2017年 8月26日(土)

講義時間 13時00分~13時50分(相談会 14時00分~16時00分)

講義テーマ

地域共生社会の実現にむけたソーシャルワークの機能

担当教員

原田 正樹

【概要】地域包括ケアシステムの深化、地域包括支援体制といった全世代対応型の社会保障改革が進んでいます。こうした一連の政策動向と共生社会という実践・運動の関連を読み解きながら、現在、厚労省に設置されている「地域力強化検討会」の議論を踏まえて、これからのソーシャルワークの在り方について論点を探ります。とくに生活困窮者自立支援法、社会福祉法改正によって、「地域生活課題」、「包括的支援体制」「地域福祉計画の見直し」などが法律に明記されました。ソーシャルワークに求められる「機能」、ソーシャルワークが展開できる「体制」が大きく変化していきます。自治体(メゾ)を単位にして、今後どのようなシステム構築が求められていくかを素描してみたいと思います。

2017年 9月23日(祝・土)

講義時間 13時00分~13時50分(相談会 14時00分~16時00分)

講義テーマ

医療福祉の経営戦略

担当教員

柳 在相

【概要】今日、世界中のどこの国においても、医療・福祉・健康についての社会的な重要性が高まっている。日本においても、少子高齢化が急速に進展するにつれ、効率的で質の高いサービスを確保しつつ、財政負担を軽くし、将来の日本経済を活性化させるために、行政レベルでも民間レベルでも医療福祉の非効率性という難題を克服すべく、様々な努力や取組みが行われている。本講義では、医療福祉における効率的で質の高いサービスを実現するために求められる経営知識について理解することを、そのねらいとする。

2017年 11月25日(土)

講義時間 13時00分~13時50分(相談会 14時00分~16時00分)

講義テーマ

新制度に即した福祉施設の経営・運営管理のあり方 ~専門職の人材育成について~

担当教員

綿 祐二

【概要】福祉施設経営は、主に人材育成・職場の組織であるマネジメントと財務及び労務などのアドミニストレーションが重要である。マネジメント領域では「命題的理論と福祉実践に融合」「福祉専門職の役割」について具体的な事例を通して、困難事例のカンファレンス、福祉現場のリスクマネジメント、意思決定支援の実際、人権擁護および専門職倫理について触れていく。アドミニストレーション領域では、労務と財務のシステム的な学習と共に、現制度における経営戦略の基本的考え方を整理したうえで、将来的な施設経営の在り方を考えてみる。福祉経営では福祉と経営の両面から長期定かつ包括的にとらえていく能力を身につけていくことが重要である。

2017年 12月16日(土)

講義時間 13時00分~13時50分(相談会 14時00分~16時00分)

講義テーマ

イギリスにおける視覚障害者支援の動向

担当教員

柏倉 秀克

【概要】伝統あるイギリスの障害者支援において、当事者団体が果たしてきた役割は大きい。模擬講義では、視覚障害者の総合的な支援を行うイギリス視覚障害者協会に焦点を当て、同協会が実施する福祉支援、就労支援、心理支援、特別支援教育を概説します。その上で同協会が近年重点的に取り組んでいる失明前後の視覚障害者支援について調査した結果を報告します。今年度は同協会本部訪問、ECLO(Eye Clinic Liaison Officer)への聞き取り調査を実施しました。さらに同協会が刊行した2つの報告書の分析を通して、病気や事故で失明した眼疾患患者が地域での自立生活に至る支援のプロセスを明らかにするとともに、わが国における視覚障害者支援への示唆について解説します。

2018年 1月6日(土)

講義時間 13時00分~13時50分(相談会 14時00分~16時00分)

講義テーマ

多職種連携に必要な知識とスキル

担当教員

篠田 道子

【概要】わが国がめざしている「地域包括ケアシステム」の構築は、多職種連携が前提になります。また、WHO(世界保健機関)は「専門職とは連携ができる人」と提言しています。本講義では、連携力を高める知識とスキルとはどのようなもので、どうすれば習得できるのか、ファシリテーション、ケースメソッド、カンファレンスなどを例示しながら説明します。

開催日程

2017年 8月26日(土) 講義時間 13時00分~13時50分(相談会 14時00分~16時00分)

2017年 9月23日(祝・土) 講義時間 13時00分~13時50分(相談会 14時00分~16時00分)

2017年 11月25日(土) 講義時間 13時00分~13時50分(相談会 14時00分~16時00分)

2017年 12月16日(土) 講義時間 13時00分~13時50分(相談会 14時00分~16時00分)

2018年 1月6日(土) 講義時間 13時00分~13時50分(相談会 14時00分~16時00分)

※ 模擬講義と同日に「入学相談会」を開催します。
模擬講義終了後の開催になりますので、ぜひご参加ください。  >   「入学相談会」案内はこちらから

会場

日本福祉大学 名古屋キャンパス 北館

【住所】 名古屋市中区千代田5-22-35

【アクセス】 JR鶴舞駅下車「公園口」徒歩約2分 または 地下鉄 鶴舞線 鶴舞駅下車 徒歩約2分

会場案内図(日本福祉大学名古屋キャンパス)

※駐車場はございません。名古屋キャンパスへ来館する場合は、公共交通機関をご利用ください。

参加費

無料

申し込み方法

ホームページより、参加申し込みを受け付けます。  > 参加申し込みはこちら

申し込み手続きの際に入力されたメールアドレス宛に「受付内容の確認メール」を自動返信いたします。
迷惑メールの対策などでドメイン指定を行っている場合、メールが受信できない場合がございますので、その場合は、@ml.n-fukushi.ac.jpを受信できるように設定してください。なお、本ページからの申し込みができない場合は、大学院事務室まで電話(052-242-3050)にてご連絡ください。[受付時間:平日10時~19時]

問い合わせ先

日本福祉大学 大学院事務室

〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田5-22-35

TEL: 052-242-3050 / FAX: 052-242-3072

「 模擬講義(同日開催:入学相談会_概要説明&個人相談会) 」参加申し込みはこちら


UPDATE: 2017-6-19

PAGE TOP