特別公開セミナー

HOME>特別公開セミナー

《開催趣旨》
要項

いま、日本社会は多重苦の只中にあります。 福祉ニーズの拡大に対応しうるようなセーフティネットの制度設計と社会福祉援助(ソーシャルワーク)の技術開発、福祉・介護専門職の人材養成と職域の拡大、福祉・介護現場での配置が喫緊の課題となってきております。 福祉系大学院の性格は、①社会福祉の政策分野とソーシャルワークの実践分野、②専門職養成課程と研究者養成課程に大きく分けることができます。 とくに福祉系大学院の多くが、主として社会福祉の現場で活躍する社会人や福祉専門職をめざす院生であるため、大学院の教育・研究の関心も、社会福祉やソーシャルワークの「実践知」を科学化する能力が求められています。 今回は、著名な5名の教授陣による、公開セミナー(一般向け)・ゼミナール(専門職・研究者・大学院生[進学希望者含む]向け)を企画いたしました。 この機会を通して社会福祉学研究とソーシャルワーク実践の融合の方向を模索したいと思います。


第1講 2013年11月17日(日)

【公開セミナー】 13時15分~15時00分

今後の高齢化と介護の課題

【ゼミナール】  15時15分~17時00分

ケアマネジメントからソーシャルワークへ

【講 師】  白澤 政和(日本福祉大学客員教授/桜美林大学大学院教授)

第2講 2013年11月23日(土・祝)

【公開セミナー】 13時15分~15時00分

保健医療福祉分野におけるストレス対処・健康生成力SOCの育成と向上

【ゼミナール】  15時15分~17時00分

健康の観点と当事者目線から生き方と社会を問う

【講師】 山崎 喜比古(日本福祉大学特任教授)

第3講 2013年12月23日(月・祝)

【公開セミナー】 13時15分~15時00分

「地域生活の質」を視野に入れた福祉づくり

【ゼミナール】  15時15分~17時00分

高齢者へのフォーマルケアとインフォーマルケアの組み合せ -実証的方法と実践的方法の統合-

【講師】 冷水 豊(日本福祉大学客員教授)

第4講 2014年2月2日(日)

【公開セミナー】 13時15分~15時00分

市町村主権時代における地域福祉計画とコミュニティソーシャルワーク

【ゼミナール】  15時15分~17時00分

社会福祉学の性格及び構造とソーシャルワークのパラダイム

【講師】 大橋 謙策(日本福祉大学客員教授/日本社会事業大学大学院特任教授)

第5講 2014年3月2日(日)

【公開セミナー】 13時15分~15時00分

社会福祉における鳥の眼、蟻の眼そして人の眼

【ゼミナール】  15時15分~17時00分

社会福祉学研究の方法:視点と枠組み、言語体系

【講師】 古川 孝順(日本福祉大学客員教授/西九州大学副学長)

会場

日本福祉大学 名古屋キャンパス 北館

【住所】 名古屋市中区千代田5-22-35
【アクセス】 JR鶴舞駅下車「公園口」徒歩約2分 または 地下鉄 鶴舞線 鶴舞駅下車 徒歩約2分
※駐車場はございません。名古屋キャンパスへ来館する場合は、公共交通機関をご利用ください。

会場案内図(日本福祉大学名古屋キャンパス)

参加費

無料

申し込み方法

ホームページより、参加申し込みを受け付けます。  > 参加申し込みはこちら

申し込み手続きの際に入力されたメールアドレス宛に「受付内容の確認メール」を自動返信いたします。
迷惑メールの対策などでドメイン指定を行っている場合、メールが受信できない場合がございますので、その場合は、@ml.n-fukushi.ac.jpを受信できるように設定してください。 なお、本ページからの申し込みができない場合は、大学院事務室まで電話(052-242-3050)にてご連絡ください。

問い合わせ先

日本福祉大学 大学院事務室

〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田5-22-35
TEL: 052-242-3050  FAX: 052-242-3072



ページの先頭に戻る