日本福祉大学 健康科学部

学部Topics

 

2013年度Topics / 2012年度Topics / 2011年度Topics / 2010年度Topics / 2009年度Topics / 2008年度Topics

2013/12/26 理学療法学専攻の「卒業研究発表会」を開催しました

 12月22日(日)に、リハビリテーション学科理学療法学専攻の卒業研究発表会が実施されました。2008年度に開設した理学療法学専攻において、第3期生となる40名が学習・研究の集大成として発表に臨みました。3年次後期の数カ月に及ぶ臨床実習を終え、4年生への進級・研究室の配属が決定した段階からすぐに本格的な研究に取り掛かり、時には寝る間も惜しんで実験を繰り返してきました。発表会には、実習先でお世話になった指導者の方々や非常勤講師の方々もご招待しており、同専攻全学生(1〜4年生)や教員が見守る中、各研究室特色ある研究発表が活発な質疑応答と共に行われました。

今後、健康科学部では下記の通り卒業研究発表会を予定しています。

福祉工学科 健康情報専攻・バリアフリーデザイン専攻 2月8日(土)

【卒業研究のプレゼンテーション】

■卒業研究の発表テーマ一覧

リハビリテーション学科理学療法学専攻

『運動負荷中の振動刺激が筋活動にあたえる影響についての検討』
『頭頚部関節位置覚測定における二重課題への影響について』
『不安定な環境下での足踏み動作時における身体分節動作の分析とバランス機能の関係性』
『動揺する床面が健常人における動的バランスに与える影響』
『歩行時180 °方向変換動作の頭頚部・体幹における回旋運動開始時間の検討』
『頚部の回旋運動がステップ動作に与える影響について』
『視覚負荷トレーニングによる運動パフォーマンスへの影響』
『足部外転・内転位置による足関節背屈可動域と足部アライメントの変化』
『足底部荷重位置による下肢動的アライメントへの影響』
『荷重位での股関節回旋可動域測定の試み』
『立ち上がり動作における股関節肢位の影響 〜腰部アライメントと筋活動の変化から〜』
『複合的体幹筋力の評価法に関する検討 〜体幹への長軸圧負荷時の抵抗筋力と筋活動に着目して〜』
『投球動作における各関節運動の再現性と関係性』
『投球動作における肩関節最大外旋角度と骨盤・脊柱アライメントの関係』
『若年者の非特異的腰痛に対する身体活動性と心理社会的因子の関与』
『異なる疼痛体験時の疼痛受容の違い-脳波,心拍変動解析を用いた検討-』
『運動の制御性と学習効果が疼痛抑制に及ぼす影響』
『筋力トレーニングにサプリメント摂取を併用した筋肥大効果の検討』
『筋力増強後のデトレーニング期間におけるメンタルプラクティスの効果』
『収縮頻度の違いが骨格筋のトレーニング効果に及ぼす影響について』
『間欠的運動における休憩時間の違いが運動中の自律神経反応に与える影響』
『運動療法と温熱療法の併用が局所循環反応に与える影響について』
『物理刺激ならびにストレッチが骨格筋の伸張性に及ぼす影響について』
『慢性疼痛有訴者における脊髄前角細胞の侵害刺激応答について』
『疼痛有訴者のストレス感受性と疼痛閾値に関する検討』
『静的ストレッチングが伸張部位の筋血流量とstiffnessに及ぼす効果の持続時間について』
『静的ストレッチングによる筋血流量増加効果は伸張強度に依存しない』
『低強度・短時間の等尺性収縮は高強度スタティック・ストレッチング後に生じる最大発揮筋力の低下を抑制できるか?』
『伸張性運動直後に施す温熱処置が遅発性筋痛,筋損傷に及ぼす影響』
『プレコンディショニング温熱刺激はカヘキシーによる骨格筋萎縮の進行を抑制する』
『温熱刺激によるグルココルチコイド誘導性筋萎縮の進行抑制効果の分子メカニズムを探る』
『〜HSP70の発現増加がFOXO3aの脱リン酸化を抑制する可能性〜』
『メカニカルストレスはCaMK IIを介して骨格筋の糖取り込みを亢進する』
『地域在住高齢者の簡易的サルコペニア予測式の作成に関する研究』
『Mental Chronometryによる運動イメージ想起能力と身体機能との関連』
『低負荷レジスタンストレーニングが虚弱高齢者の身体・生活機能に及ぼす影響~前向きコホート研究による分析~』
『ストレッチング強度の変化が運動ニューロンの興奮性に及ぼす影響』
『視覚による運動錯覚が下肢機能に及ぼす即時的変化に関する検討』
『イメージ明瞭度の違いが運動学習過程に及ぼす影響』
『非利き手箸操作運動学習に伴う一次運動野興奮性の変化』

▲このページのトップに戻る

2013/12/11 介護学専攻の「卒業研究発表会」を開催しました

 12月7日(土)に、リハビリテーション学科介護学専攻の卒業研究発表会が実施されました。2008年度に開設した介護学専攻において第3期生となる34名が発表に臨みました。
 2つの分科会に分かれて発表を行いましたが、各分科会とも質疑応答では教員・学生を問わず出席者から様々な質問や意見が寄せられ、発表者にとって研究成果を充実させる機会となりました。また、発表後には優秀論文表彰が行われ、発表会に参加した介護学専攻教員による審査を経て選出された4名が優秀賞を表彰されました。

■優秀論文テーマ

第1分科会
『高齢者サロンの役割と今後の展望に関する考察』
『特別養護老人ホームに関わる医師の看取り介護に関する意向―看取り介護加算導入前後の比較―』
第2分科会
『地域で認知症高齢者を支えていくための仕組みづくり』
『介護職員の勤続年数による腰痛状態の相違と腰痛要因の認識』

今後、健康科学部では下記の通り卒業研究発表会を予定しています。

リハビリテーション学科理学療法学専攻 12月22日(日)
福祉工学科 健康情報専攻・バリアフリーデザイン専攻 2月8日(土)

【卒業研究のプレゼンテーション】

【優秀論文表彰】

■卒業研究の発表テーマ一覧

リハビリテーション学科介護学専攻

『災害時要援護者への支援をめぐる現状とその課題』
『大学生が能動的に聴く音楽の効果』
『社会福祉とは何かを考える―孝橋正一の社会福祉の定義をもとに―』
『アセスメントの習得過程―各学年の習得状況の比較より―』
『学生の高齢者に関する知識について―施設高齢者に対する感情との関連―』
『高齢者サロンの役割と今後の展望に関する考察』
『高齢者虐待を防止するための制度・ネットワーク構築』
『援助困難な高齢者の地域生活をめぐる現状と課題―地域包括支援センターに寄せられた事例の分析を通して―』
『自閉症児をもつ母親のエンパワメントに関する研究』
『障害者雇用の国際比較からみた日本の現状と今後の方向性』
『脊髄損傷者の障害受容に関する研究―日常生活場面からの支援―』
『世代の違いにより、被服行動にどのような差がみられるか』
『ダイエットと自己肯定感との関係性』
『身近に潜むマインド・コントロールの手法』
『特別養護老人ホームに関わる医師の看取り介護に関する意向―看取り介護加算導入前後の比較―』
『介護老人保健施設で働く介護職員と多職種との連携をめぐる現状と課題』
『新人職員の介護負担の実態調査』
『障害者のキャリア形成支援について―障害者就業・生活支援センターの取り組みを通して―』
『身体障害者の雇用実態と今後の可能性』
『自閉症の子を持つ母親への支援のあり方』
『障害者スポーツの現状と課題』
『動物と触れ合うことによる効果の認識と心身健康との関係―ペットの有無2群の比較―』
『大学生の友人関係における自己開示について』
『音楽がどのような気持ちを引き出すのか』
『在宅介護に従事する家族から子どもが受けた「良い影響」』
『介護人材不足の原因は「介護労働者=仕事のない人たち」か?』
『介護職員の勤続年数による腰痛状態の相違と腰痛要因の認識』
『介護予防事業施策に関する検討』
『在宅での高齢者虐待における家族の関係性の特徴―地域包括支援センター職員の捉え方から―』
『地域で認知症高齢者を支えていくための仕組みづくり』
『定年退職者の生きがい―生きがいを持った高齢期を送るためには―』
『地域における住民福祉活動の活性化をめぐる課題』
『医療ソーシャルワーカーによる退院支援の現状と課題』
『生活保護受給者と社会的包含』

▲このページのトップに戻る

2013/11/01 作業療法学専攻の「卒業研究発表会」を開催しました

 10月31日(木)に、リハビリテーション学科作業療法学専攻の卒業研究発表会が実施されました。2008年度に開設した作業療法学専攻において第3期生となる39名が発表に臨みました。また1,2年生も多数参加し、発表に熱心に耳を傾けました。10分間の持ち時間でパワーポイントを用いて発表が行われましたが、質疑応答では教員・学生を問わず出席者から様々な質問や意見が寄せられ、研究成果を共有する機会となりました。また、発表後には優秀論文表彰が行われ、優秀賞(6名)が表彰されました。

■優秀論文テーマ

『身体図式の喪失によるADLへの影響とリハビリテーションの現状』
『認知神経心理学的観点からみた失語症』
『脳性麻痺児の身体図式 −脳性麻痺児と正常発達児の人物画の違いから−』
『移行対象理論と作業療法 -Winnicott理論の観点から-』
『注意障害 -Attention Process Trainingの効果-』
『姿勢制御の基礎的概念と治療理論−臨床で活用するためには−』

今後、健康科学部では下記の通り卒業研究発表会を予定しています。

リハビリテーション学科介護学専攻    12月7日(土)
リハビリテーション学科理学療法学専攻 12月22日(日)
福祉工学科 健康情報専攻・バリアフリーデザイン専攻 2月8日(土)

【卒業研究のプレゼンテーション】

【優秀論文表彰】

■卒業研究の発表テーマ一覧

リハビリテーション学科理学療法学専攻

『作業療法における「意味のある作業」とは何か』
『認知症高齢者に成功体験と役割の再獲得をもたらした作業療法の一考察』
『認知症高齢者に対する回想法の効果研究の現状と課題』
『認知症高齢者の意欲向上に対する音楽の活用 ‐文献調査をもとに‐』
『認知症を伴う骨折患者のリハビリテーションに影響を与える要因とその対策』
『片麻痺患者における非麻痺側の過緊張によるADLへの影響とそのアプローチ法 ―柏木による理論と文献を調査して―』
『身体図式の喪失によるADLへの影響とリハビリテーションの現状』
『半側空間無視 −プリズム順応の効果−』
『学校生活での発達障害児への作業療法支援』
『認知神経心理学的観点からみた失語症』
『失行症のメカニズムと介入方法』
『カナダ作業遂行測定(COPM)と作業選択意思決定支援ソフト(ADOC)-意味のある作業を提供するために-』
『遂行機能と注意機能の関連性』
『手指屈筋腱断裂に対するセラピィ −治療法の適応と有用性−』
『頸髄完全損傷C6残存機能レベルへのアプローチ−受傷後6ヵ月20代前半の女性を担当して−』
『関節リウマチの作業療法』
『脳卒中片麻痺の麻痺側上肢に対する作業療法−脳卒中片麻痺の肩関節亜脱臼−』
『注意機能障害 −注意機能障害がADLに与える影響−』
『脳性麻痺児の身体図式 −脳性麻痺児と正常発達児の人物画の違いから−』
『前庭系めまいについて −めまいの発生時の対処法とめまいの予防 −』
『高次脳機能障害に対する音楽療法の可能性 -失語症の事例を通して-』
『脳血管性障害における人格変化 -事例の検討を通して-』
『広汎性発達障害の精神行動特性とプロセス依存 -担当症例を通して-』
『双極性障害への作業療法 -ソフトバレーボールと農耕の作業分析-』
『移行対象理論と作業療法 -Winnicott理論の観点から-』
『統合失調症における自己の病理‐あいだにおける自己の主体性の獲得をめぐって‐』
『認知症BPSDに対する非薬物療法の有効性について』
『脳血管障害における転倒について』
『自立した脊髄損傷者の褥瘡発生状況について』
『褥瘡 ―ポジショニングとマットレスの検討―』
『注意障害 -Attention Process Trainingの効果-』
『treatable dementiaの評価方法について』
『血液透析患者に対する運動療法』
『姿勢制御の基礎的概念と治療理論−臨床で活用するためには−』
『行為のペーシング障害に関する研究の現状−担当症例へのアプローチ方法の検討−』
『発動性の低下したくも膜下出血患者へのリハアプローチ』
『頚椎症性脊髄症者に対する筋力増強訓練−T字杖歩行の獲得を目指して−』
『知的・発達障害児の家族支援における支援者の役割についての検討』
『通常学級での作業療法士の必要性−特別支援教育制度の視点から−』

▲このページのトップに戻る

2013/06/11 7月6日(土)、半田キャンパス学部祭「七夕祭」を開催!

 半田キャンパスでは今年も7月の第1土曜日、7月6日に健康科学部の学部祭「七夕祭」を開催します。
 今回のテーマは『星祭り☆ 〜輝けみんなのHappy Smile〜』。七夕祭は、在学生の実行委員により企画・運営されています。毎年大盛況のビンゴ大会をはじめ、ステージ企画や模擬店など、今年も子どもからお年寄りまで広くお楽しみいただける企画をたくさん用意して、皆様のお越しをお待ちしております。

■実施概要

日時:
2013年7月6日(土)15時00分〜21時00分
会場:
日本福祉大学半田キャンパス(半田市東生見町26-2) アクセス
内容:
模擬店、ビンゴ大会、ライブ、バンド演奏、ダンス、大道芸、子ども向け企画、幼児絵画展示 等
七夕祭ポスター

■当日の企画

◆ちびっこフェスタ(15:00〜)
 児童福祉サークルの学生等が、地域のお子様が楽しめる様々な企画を行います。
◆ステージ企画オープニング(16:00〜)
◆ダンス・大道芸・ライブパフォーマンス(16:30〜)
◆MOGI-1グランプリ(19:15〜)
 参加者による投票で、今年のベスト・オブ・ザ・模擬店を発表します。
◆ビンゴ大会(19:25〜)
 毎年恒例のビンゴ大会!豪華景品を準備して、皆さんの参加をお待ちしています。
 ビンゴカードは会場内で1枚50円で販売します。
◆七夕祭ライブ(20:00〜)
 半田市出身のシンガソングライター、稲田貴久さんによるライブパフォーマンスを行います。

■その他

・駐車場は数に限りがございます。当日はできるだけ公共交通機関をご利用ください。
・アルコール類の持ち込みは禁止しております。学内での飲酒はご遠慮ください。
・キャンパス内は全面禁煙です。ご協力をお願いいたします。

■昨年度の様子

【お問い合わせ】
日本福祉大学 半田事務室〔担当:藤井〕
〒475-0012 愛知県半田市東生見町26-2
TEL(0569)20-0111 / FAX(0569)20-0119

▲このページのトップに戻る

2013年度Topics / 2012年度Topics / 2011年度Topics / 2010年度Topics / 2009年度Topics / 2008年度Topics

 

CGI