資格・進路

CAREER

スポーツ研究の成果は、
あらゆる分野で生かせます。

プロ競技者や保健体育の教員以外にも、スポーツに関わる進路は多様です。
また、スポーツに直接携わる仕事に就かなくとも、スポーツ研究を通じて培った論理的思考力、
指導力や協調性、コミュニケーション能力、体力や運動能力は、
社会のあらゆる分野で役立てることができます。

取得可能資格

免許状

  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 特別支援教諭一種免許状(知的障害者・肢体不自由者)

民間資格

  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 中級障がい者スポーツ指導員
  • 健康運動指導士受験資格
  • 健康運動実践指導者受験資格
  • スポーツリーダー受験資格
  • スポーツプログラマー受験資格
  • アシスタントマネージャー受験資格
  • レクリエーション・コーディネーター受験資格
  • キャンプインストラクター

任用資格

  • 社会福祉主事任用資格

発育発達や障害者スポーツに関する学びを通じて、子ども一人ひとりの心身の状態に応じたスポーツ指導ができる教員を養成します。多くの教員養成課程(保健体育)校では、「特別支援教育」、「障害者スポーツ」について学ぶ環境はありません。特別支援学校教諭免許状を取得できるスポーツ系学部は東海四県では本学のみ(※)です。障害の有無に関わらず、ともにスポーツを楽しみ、喜びを伝えることができる教員養成、また、「スポーツの得意・不得意」に関わらず、子ども一人ひとりの特徴に応じた指導を実践できる教員養成が可能です。
(※)他学科課程履修等により取得できる大学を除く

スポーツをテーマに
学士力を磨き、多彩な進路へ

スポーツ科学部は、スポーツを題材とした“大学教育”を行う場です。
スポーツ指導の実習を通して、社会人に求められる能力をバランスよく伸ばすことができます。
卒業後は、スポーツの専門知識が直接生かせる分野だけでなく、
社会のさまざまな領域で活躍することが可能です。

【学部がめざす卒業生の進路割合】

卒業後の進路

指導者として

中学・高校の保健体育教員、またフィットネスクラブなどで効果的な運動プログラムを提供する指導者をめざします。

  • 保健体育教員
  • スポーツインストラクター
  • コーチ/監督

支援者として

スポーツクラブの経営、スポーツ団体の職員などの面から、スポーツの普及・発展を支援します。

  • スポーツクラブ経営管理者
  • スポーツ団体職員

メディアで

放送・報道・出版などの分野に進出し、メディアを通じてスポーツの感動を社会に発信します。

  • スポーツライター
  • スポーツカメラマン
  • 雑誌編集者/放送局
  • スポーツ記者

競技者として

プロチームや実業団チームへの所属、企業とのスポンサー契約などにより、職業として競技を続けます。

  • プロスポーツ選手
  • 実業団選手
  • その他競技者

企業・行政で

スポーツ関連企業で企画・営業に携わる、公務員として地域の健康増進に関わるなどの進路も考えられます。

  • スポーツ関連企業
  • 一般企業
  • 公務員
  • スポーツエージェント