このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
国際福祉開発学部

国際福祉開発学部
国際福祉開発学科

教育の特色

クオーター制カリキュラムを導入

1年間を4つの学期に分け、約2カ月間(8週間)で科目履修を可能にする「クオーター制」を導入。
短期集中型講義で学べる上、留学や長期インターンシップに参加しても4年で卒業できます。

1年次夏の国際プレゼンテーション大会

入学からわずか4カ月間で、国際イベント「ワールドユースミーティング」を学生主体で開催!
日本を含む8つの国・地域から約50組の高校生・大学生が集い、英語でプレゼンテーションを行います。

1年次8月

ワールドユースミーティング(WYM)

異文化と出会い、
自分を鍛える国際交流イベント

WYMは、アジア各国の大学生・高校生による英語プレゼンテーションを中心とした国際交流イベントです。学生はプレゼンテーションに参加するほか、準備や司会、海外との調整まですべてを担当。現場で使える英語スキルを養うとともに、グローバル社会で役立つファシリテーション力を身につけていきます。

1年生全員が各国へ飛び、世界を体感

1年次2月には約2週間の現地学習に全員が参加。フィリピン・カンボジア・マレーシア・インド・アメリカなどを訪れ、現地学生との議論や見学・調査などを行い、世界の現状を見る目を養います。

1年次2月

国際フィールドワーク

世界に飛び出して現場を見つめ、
自分や日本社会を見つめ直す

1年次の2月に約2週間、学生全員がアジア各国やアメリカを訪れ、現地学生のサポートのもとで多様な現場を訪問して調査研究を行います。海外協定校・協力校とともに独自開発したプログラムであり、個人旅行では不可能な体験が可能。人々の生活やものの見方・考え方の違いに気づき、あなた自身や日本社会の問題を見つめ直す機会にもなります。

英語教員をめざすあなたを応援

高校における英語教育の改革に長年取り組んできた実績ある教員が、英語教員をめざすあなたを指導。地域の教育委員会と連携して小・中・高等学校で行うインターンシップにも参加し、実践力のある教師を養成します。

Take-Off from Our Runway!

グローバルリーダーを育てる新プログラム始動!

産学連携の海外研修「グローバルフィールドインターンシップ」など、グローバル化時代の人材養成プログラムが2017年度から一斉にスタートしました!