このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
子ども発達学部

心理臨床学科
障害児心理専修

障害のある子ども一人ひとりを理解する
支援者に。

特別支援学校に通う子どもや、特別支援学級・通常学級に通う特別な支援が必要な子どもへの教育と、生活上の困難を改善・克服するための指導方法を学ぶ障害児心理専修。さまざまな障害の知識と並んで、心理学を基盤とする学びで子どものこころを理解する力を養う点が特色です。その上で、模擬授業や教職インターンシップなどの実践的な学びを通じて、知的障害・肢体不自由・聴覚障害・発達障害といった個別ニーズに応えるための理論と技術を身につけます。特別支援学校を含む学校の教員、児童養護施設や障害児施設の職員、あるいは公務員として、障害のある子どもや家族を支援する人材を育てます。

教育の特色

心理学を基盤に障害児支援を学ぶ、ユニークな専修。

心理学を基盤にして障害児の教育と支援を学ぶ、全国でも数少ない専修です。子どもたちの正しい理解をめざす「障害児アセスメント演習」をはじめ、心理学系教員によるハイレベルな科目を学ぶことができます。卒業後は、本学の大学院に進学すれば、臨床心理士をめざすこともできます。

さまざまな障害を理解し、支援方法を身につける。

本専修では、特別支援学校教諭免許の区分として知的障害者と肢体不自由者を掲げていますが、このほかにもLD(学習障害)・ADHD(注意欠陥多動性障害)などの発達障害、聴覚障害ほか、さまざまな障害への理解と支援方法を学ぶことができます。

実践の場で支援する力を養う機会を豊富に用意。

「子ども発達学専門演習」では、施設や学校などをフィールドに特別なニーズがある子どもたちへの支援を研究します。また、「教職インターンシップ」を小中学校の特別支援学級や本学の付属高校で実施。教育現場で子どもと関わる力を養うとともに、教員の仕事の全体像を理解します。

効果的なカリキュラム。

子ども発達学部・心理臨床学科に所属する本専修。その名が示す通り、心理学全般を学び、子どもを中心とした人間発達を学んで基礎を固めます。その上で、さまざまな障害の特性、障害児の心理と発達、取り巻く環境について理解を深め、障害児の教育や支援に活かす方法を身につけていきます。

障害児理解 障害の特性、障害児と環境を知り、的確な支援方法を習得する。
心理臨床 人間発達・対人関係の課題と対処のための理論や技法を学ぶ。
特別支援教育 教育現場における特別なニーズに応える理論と技法を学ぶ。

「教職インターンシップ」を導入。

2014年度より、学校教育専修と同じく「教職インターンシップ」を導入しています。地域の小中学校の通常学級と特別支援学級で、また本学の付属高校でも実施します。2年次は通年の学校体験学習。4年次後期には4月から教員として働くための準備ができます。

From a student

自分に問いかける姿勢を、
教員になっても忘れずに。

森 美聡 さん
愛知県/東邦高等学校 出身
2017年3月卒業

就職決定先:
名古屋市教育委員会(特別支援学校教諭)

大学4年間で身についたのは、ものごとを鵜呑みにせず、「違う答えがあるかも」と考える姿勢です。ゼミでは障害や教育に対する強い思いを持った仲間と一緒にさまざまなテーマを議論しました。例えば、「すぐに発達障害という枠に当てはめて判断してよいのだろうか?」という意見にふれ、「発達障害であるか否かが重要なのではなく、異なる特性に目を向け一人ひとりの支援策を考えることが大切なのだ」と考えるようになりました。また、これまで私は子どもたちが課題を克服することだけに目を向けていました。しかし、教職インターンシップで出会った先生が子どもたちの「やってみたい!」「できた!」という気持ちを大切に指導している姿に感銘を受け、できることを増やしていこうとするだけでなく、子ども一人ひとりが発する意思や気持ちに寄り添った指導が大切であることを学びました。こうした姿勢を卒業後も大切に、本当に子どもたちのためになる指導を自分に問いかけ続けていくつもりです。