このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
子ども発達学部

子ども発達学部
心理臨床学科

子どもと家族のこころを支援。

子どもと家族のこころのサポートができる人材を育てます。子どもの発達について学び、こころの状態を科学的に捉える方法を身につけます。また、子どもの心身の障害と家族が直面する問題について理解を深めます。その上で、こころの問題への支援方法や、特別支援教育の理論と実践を学びます。

専修紹介

心理臨床学科 心理臨床専修

心理学を深く学んで、子どもと家族の支援者をめざす。

心理臨床専修では、乳幼児期から青年期を中心に、こころの問題を理解し支援する力を養成します。まず、心理学の基礎理論を学び、各種の研究手法や臨床技法を実践的な演習を通して身につけます。その上で不登校・引きこもり・非行・児童虐待など特別なニーズのある子どもと家族への支援のあり方を学びます。机上の学習だけでなく、不登校児の適応指導教室を訪れて“おにいさん・おねえさん”の立場で支援したり、少年院・家庭裁判所・児童相談所などを見学する機会もあります。将来は、公務員心理職(児童相談所・家庭裁判所)、高校等の教員、児童養護施設や教育関連企業など多様な分野での活躍が期待されます。

心理臨床学科 障害児心理専修

豊富な模擬授業や現場学習で、特別支援学校の先生に。

特別支援学校に通う子どもや、特別支援学級・通常学級に通う特別な支援が必要な子どもへの教育と、生活上の困難を改善・克服するための指導方法を学ぶ障害児心理専修。さまざまな障害の知識と並んで、心理学を基盤とする学びで子どものこころを理解する力を養う点が特色です。その上で、模擬授業や教職インターンシップなどの実践的な学びを通じて、知的障害・肢体不自由・聴覚障害・発達障害といった個別ニーズに応えるための理論と技術を身につけます。特別支援学校を含む学校の教員、児童養護施設や障害児施設の職員、あるいは公務員として、障害のある子どもや家族を支援する人材を育てます。