このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
子ども発達学部

子ども発達学部
学部長メッセージ

子どもにかかわるすべてを見つめる。

子ども発達学部では、ふくしの視点を発揮して、すべての子どもたちに生きる勇気と希望を育むことができる、保育者・教育者・心理的支援者を育てます。乳幼児期から青年期までを中心とした心身の発達を学び、各段階にふさわしい支援の理論と技術を身につけます。2学科4専修に分かれてはいますが、副専修制度など学科・専修の壁を越えた柔軟な学びを可能にしています。また、変化し続ける子どもたちを理解するために、地域社会との連携により保育所・幼稚園・小中学校・高校・特別支援学級・子育て支援センターなどの現場で学ぶ機会を豊富に設けていることも本学部の大きな特色。これらの機会を通じ、子どもだけでなくその家族や地域社会にまで視野を広げてそこに起こる問題を発見し、相手の立場に立って解決できる力を養います。

子ども発達学部 学部長
山本 敏郎