このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
子ども発達学部

子ども発達学部
子ども発達学科

視野の広い保育者・教育者に。

子どもはもちろん、その家族や地域社会まで目配りのできる保育者・教育者を養成します。子どもの発達について学ぶとともに、子どもの遊びや学習活動の意義を学び、具体的な保育・教育の方法を身につけていきます。さらに、子育て家庭への支援や、地域社会における教育問題、福祉課題にも対応できる力を養います。

専修紹介

保育専修

「保育士」+「幼稚園教諭」のW取得で
幅広い進路へ

保育専修では、遊びや生活を通して子どもの“こころとからだ”を育むことのできる保育者を養成します。それに加えて、さまざまな事情で家族と離れて暮らす子どもの発達を支援したり、保護者に寄り添って子育ての喜びをわかちあったり、地域社会全体での子育て支援を考えるなど、子どもを取り巻くすべてを見わたす視野を養うことも、この専修のねらいです。このため、地域社会との連携により実習教育を充実させるとともに、保育現場の声を聞く講義や多様な現場体験の機会を設けています。保育士と幼稚園教諭、2つの資格・免許を取得して、保育所や幼稚園、認定こども園、児童養護施設、障害児支援施設や学童保育所など、幅広い分野に進むことができます。

学校教育専修

一人ひとりのニーズに応えられる
小学校・中学校の先生に

学童期から青年期の子どもの発達を理解し、学年に応じた教育内容や指導方法を学ぶ学校教育専修。単に勉強を上手に教える先生ではなく、子どもに寄り添い、その成長を支える豊かな知性と感性を備えた教員を育てます。このため社会福祉に関わる基礎科目を充実させるとともに、特別支援教育についても学べるシステムを整えています。学生は小中学校の通常学級はもちろん、特別支援学級でも活躍できる力を養うことができます。また本学の特色である周辺自治体との密接な関係を活かして「教職インターンシップ」も実施。早期からの教育現場での体験学習により、子どもの姿や教員の仕事を体感しながら、学びを深めることができます。