このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
子ども発達学部

子ども発達学科
学校教育専修

総合的に子どもの成長を支える、
人間力の高い教育者に。

学童期から青年期の子どもの発達を理解し、学年に応じた教育内容や指導方法を学ぶ学校教育専修。単に勉強を上手に教える先生ではなく、子どもに寄り添い、その成長を支える豊かな知性と感性を備えた教員を育てます。このため社会福祉に関わる基礎科目を充実させるとともに、特別支援教育についても学べるシステムを整えています。学生は小中学校の通常学級はもちろん、特別支援学級でも活躍できる力を養うことができます。また本学の特色である周辺自治体との密接な関係を活かして「教職インターンシップ」も実施。早期からの教育現場での体験学習により、子どもの姿や教員の仕事を体感しながら、学びを深めることができます。

教育の特色

ふくしの視点を備えた小中学校の教員を養成するカリキュラム。

社会福祉に関する本学の教育・研究の成果を活かし、ふくしの視点を備えた教員の養成をめざしています。教科の内容や指導法の学習と並んで、現代社会における子どもや家庭をめぐる教育問題について学びます。また心身の障害に関する知識も備えて、幅広い教育現場での対応力を養います。

2年次から教育現場で学べる「教職インターンシップ」。

2年次と4年次に、主に小中学校で実施する研修です。授業見学や授業補佐のほか、課外活動や職員室での教員の仕事を体験しながら、将来教員になる自覚を2年次という早期から養うことができます。また、教員採用試験合格後の4年生も参加できるので、就職までの準備にも役立ちます。

教員採用試験の合格に向けて大学全体でバックアップ。

学科教員による日常的な指導に加え、教職課程センターやキャリア開発課と学科が連携を取りながら、教員採用試験に向けた筆記・面接試験対策指導や合格体験発表会なども実施。さらにCDP(キャリア開発プログラム)講座で、外部専門講師による試験対策講座を受講することもできます。

現場で学ぶ効果的なプログラム

教員免許の取得に不可欠な教育実習に、2回の「教職インターンシップ」を加え、2年次以降は継続的な現場学習を可能にしています。2年次の教職インターンシップを終えると学校とのつながりができ、その後もボランティアとして学校を訪れる学生も少なくありません。子どもを知り、学校の実情を理解しながら教員をめざせる、効果的なプログラムです。

From a student

見て、議論して、
考えた“子どもの幸せとは?”。

小野田 莉子さん
広島県/三原高等学校 出身
2017年3月卒業

就職決定先:
神奈川県教育委員会(小学校教諭)

3年次の夏休み、フィリピンで音楽教室を開く学外のボランティアに参加しました。そこで見た貧しい家庭の子どものキラキラした目や、13人で小さな家に暮らす母親の「毎日、家族でいられることが幸せ」と笑う姿に、「日本の子どもたちは本当に幸せだろうか?」と考えるようになりました。帰国後の教育実習などでも、そのことを考えながら子どもたちと向き合いました。卒業研究では日本の子どもの学力と幸せの関係をテーマに、学力テストでは世界でも高い成績なのにも関わらず、「勉強が好き」と答える子どもの割合が低いという調査結果について考察しています。こうして自分の考えを深める上で大きかったのは、全国から集まるいろいろな考えを持った大学の友人たちと、授業の議論の延長で日常的に教育問題を話し合える、日本福祉大学ならではの環境。異なる考えに刺激を受けて広がった視野で、小学校教員として就職した後も、正解のないこの問題をずっと考えていきます。