このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 学部
  4. 子ども発達学部
子ども発達学部

子ども発達学部美浜キャンパス

子どもにかかわるすべてを見つめる。

子ども発達学部では、すべての子どもたちに生きる勇気と希望を育むことができる、保育者・教育者・心理的支援者を育てます。乳幼児期から青年期までを中心とした心身の発達を学び、各段階にふさわしい支援の理論と技術を身につけます。変化し続ける子どもたちを理解するために、地域社会との連携により保育所・幼稚園・小中学校・高校・特別支援学校・子育て支援センターなどの現場で学ぶ機会を豊富に設けていることも大きな特色です。これらの機会を通じ、子どもだけでなくその家族や地域社会にまで視野を広げてそこに起こる問題を発見し、相手の立場に立って解決できる力を養います。2019年4月からは学部編成を一新、いっそう高まる保育・教育・心理分野のニーズに応える人材を育成し、社会の多様な領域へと送り出します。

お知らせ

学科紹介

子ども発達学科

保育専修
子育ての喜びのわかちあいも、保育者の大事なテーマ。
学校教育専修 学校教育コース
総合的に子どもの成長を支える、人間力の高い教育者に。
学校教育専修 特別支援教育コース
障害のある子ども一人ひとりを理解する支援者に。

心理臨床学科

多様な進路で“活かせる心理学”を、3つのユニットで学ぶ。

2019年4月、心理臨床学科が生まれ変わります。社会のさまざまな領域で“活かせる心理学”をめざし、3ユニット制を導入します。はじめに全ユニット共通の基礎として心理学の基礎理論を学び、各種の研究手法や臨床技法を実践的な演習を通して身につけます。2年次からは希望進路に対応したユニットに所属して専門的な科目群を履修します。机上の学習だけでなく、心理的な支援実習や関連施設の見学などアクティブな学びの機会も豊富です。卒業後は多様な分野への就職を支援するほか、本学や他大学の大学院に進学して、公認心理師・臨床心理士の 資格取得をめざすこともできます。