このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
子ども発達学部

子ども発達学部
教育理念

1.子ども発達学部の教育理念

 子ども発達学部では、子どもたちの豊かな人間形成を保障し、成長・発達に応じた保育・教育・心理的な課題に専門的に対応できる専門家を養成します。そのために、①子どもとは何か、教育とは何か、保育とは何かについて理論的・思想的に学ぶとともに、②子ども理解の方法や子どもを指導・援助する方法を実践的に学びます。またこれらを支える③人間・社会・自然に関する幅広い教養を身に付けるような学びをつくっていきます。

2.子ども発達学科の教育理念

 子ども発達学科では、乳幼児期から学童期・思春期までの子ども・青年たちの成長・発達を指導・支援・援助できる専門職の育成をめざしています。とりわけ本学が「福祉の総合大学」である点をふまえて、貧困、虐待、発達障害、外国籍・無国籍児および家庭支援に取り組むことのできる、福祉的な知識やスキルを備えた、〈福祉に強い専門職〉の育成を重視しています。子ども・青年の自立への苦悩に共感し、生きる希望と勇気を育てる専門家の育成にとりくむ。この点が他大学の保育士・教員養成課程にはない本学ならではの特徴です。

(1)保育専修

 保育専修では、乳幼児期・児童期から青年期までの子ども・青年の豊かな成長・発達を保障するために、保育・児童福祉・幼児教育にかかわる思想、制度、内容・方法を理論的かつ実践的に学び、保育所、児童福祉施設、幼稚園などで活躍できる保育士や幼稚園教員の養成をめざしています。また、家庭での子育て、生活困窮家庭への支援、虐待の防止、障害、保護者支援、地域の専門職との連携、地域住民とのネットワークづくりなど地域での子育てへの理解を深めて、保育・子育てに幅広く対応できる力を身につけていきます。

(2)学校教育専修

 小中学校でもっとも対応が求められているのが、貧困、虐待、発達障害などの福祉的な課題です。学校教育専修では、これらの課題に対応できる知識や実践的スキルを重視しながら、教科指導や生活指導にかかわる思想、制度、内容・方法を理論的かつ実践的に学び、少年期・青年期の子ども・青年たちの成長・発達を指導・支援・援助できる小・中学校(社会)教員の養成を目指しています。また発達障害学副専修の履修により、障害児教育にかかわる思想、制度、内容・方法を学ぶこともできます。

3.心理臨床学科の教育理念

 心理臨床学科では、学部共通の教育理念を踏まえ、現代社会における子どもや家族の心の理解とサポートを中心に、生まれてから成人以降までの生涯発達の視座を持ち、人の心についての学習をしていきま- 5 -す。心理臨床学科の2 専修に共通して、人の発達や心理を科学的に学ぶための研究法や基礎心理学、そして実際に何らかの「問題」や「課題」を抱えた子どもや家族を支援するための心理臨床の基本的な手法を学びます。また、社会の中で生活する人たちの心を理解するために、社会的な状況や制度、文化などの基礎知識や、社会福祉、児童福祉の学び、そして教育制度や実践、医学的な状況など関連する領域についての学びも合わせて進めることで、何らかの支援を必要とする人たちへの理解を深めることを目指します。

(1)心理臨床専修

 心理臨床専修では、心理学の一般的知識を学んだ上で、乳幼児期から青年期にかけての心の問題に関する基礎知識を養うとともに、子どもの発達や家族の抱えるさまざまな問題の解決・緩和に必要とされる心理臨床の基本的な考え方、援助方法を習得します。また、現代の課題である情緒的問題をはじめ、不登校・ひきこもり、非行、児童虐待などのさまざまな問題について広い視野から学び、思春期から青年期にかけての発達上の問題に対する理解を深めることで、心理の専門職や高等学校教諭の免許状の取得を目指すことができます。

(2)障害児心理専修

 障害児心理専修では、心理学の一般的知識を学んだ上で、障害児を中心とする子どもの心を理解することを目指します。主に障害児等の発達や特徴、さまざまな障害の生理や病理、家族や子どもを取り巻く環境についての知識を習得し、その支援について学びます。また、広い視野から社会の問題を考えながら、障害のある児童・生徒についての教育の方法や理論を学ぶなかで、特別支援学校で活躍できる特別支援学校教諭免許の取得を目指すことができます。