このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
健康科学部

リハビリテーション学科
作業療法学専攻

“できる喜び”をともにする。
生きがいづくりを支援する。

食事をする、着替える、買い物をする、仕事をするなど、日常生活を送る上で必要となる能力。脳卒中などで機能が失われた人や、こころの障害、発達の障害などで思うようにできない人に対して、手工芸などの作業や、片手でもできる調理法など身のまわりの工夫を通じて、動作の再獲得を支援する専門家が作業療法士です。教員が地域の施設で実施する指導と、4年間を通じて行う臨床実習により、講義と実践の行き来を繰り返し、確かな問題解決力を習得。対象者の生活や職場復帰を支え、生きがいづくりを支援できる作業療法士をめざします。卒業後は病院やリハビリテーションセンター、介護老人保健施設、児童福祉施設などの活躍の場があります。

教育の特色

4年間を通して行う臨床実習で、教室と現場を行き来して学ぶ。

1年次という早い段階で、臨床の現場を体験。自分で見て感じた疑問が、「もっと深く学びたい!」という意欲につながります。その後も4年次まで臨床実習は続き、より高度な経験を積みます。教室の知識を現場で確かめる。現場の疑問を教室で解消する。そんな学び方が可能です。

臨床現場で活躍する教員から、実践的な知識を学べる。

教員の多くは、地域や臨床の現場の第一線で活躍する作業療法士。実例にもとづく生きた知識を学べるほか、教員が地域の福祉施設で実施する作業療法の体験会など、学外の活動に参加する機会もあります。対象者への理解を深め、接し方を学ぶと同時に、さまざまな療法にふれることができます。

仲間と力を合わせて学び、
高い国家試験合格率を達成。

学生同士が自主的に集まって勉強するなど、結束の固さは専攻開設以来の特徴。作業療法士国家試験前には自主ゼミを開催して事例検討や文献レビューを行い、高い合格率を達成しています。

100%

作業療法学専攻 作業療法士国家試験合格実績(新卒)

2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
34/34名
(100%)
36/37名
(97.3%)
38/39名
(97.4%)
44/45名
(97.8%)
44/45名
(97.8%)
32/32名
(100%)

国家試験合格へ向けて

臨床実習を効果的に配置

幅広い領域で全国に実習施設を確保。4年次の実習は春学期で終わるので国家試験対策にもしっかり取り組めます。

1年 見学実習(2週間) 作業療法が行われる現場を見学し、2年次以降の学びに活かします。
2年 評価実習(3週間) 効果的な治療に不可欠な評価の技術を、実践しながら学びます。
3年 総合実習Ⅰ(12週間) 患者さんとの関係づくり、各種評価法の実施、データの分析と解釈、治療プログラムの立案と実施までを、実践を通して学習します
4年 総合実習Ⅱ(6週間)

主な実習先

東京慈恵会医科大学付属病院/愛知医科大学病院/名古屋市総合リハビリテーションセンター/半田市立半田病院/公立西知多総合病院/蒲郡市民病院/常滑市民病院/豊川市民病院/一宮市立木曽川市民病院/岐阜県立多治見病院/豊田厚生病院/厚生連海南病院/知多厚生病院/稲沢厚生病院/高山赤十字病院/中部ろうさい病院/刈谷豊田総合病院/知多リハビリテーション病院/上飯田リハビリテーション病院/小林記念病院/名古屋掖済会病院/済衆館病院/あさい病院/もりやま総合心療病院/共和病院/京ヶ峰岡田病院 など

From student

患者さんが退院した後の生活も見据えた
治療を。

木下 輝 さん
長野県/飯田風越高等学校 出身
2017年3月卒業

就職決定先:
医療法人済衆館 済衆館病院

3年次の総合実習で、脳卒中の後遺症で右半身に麻痺がある患者さんを担当しました。スプーンや箸で食事をするなど、右手を使う訓練を行いましたが、院内では食事以外に右手を使う機会は限られています。そこで、街に出て電車に乗ったり、買い物をしたりする練習をすることになりました。院内で治療を行うと思っていた私には、外に出たことは驚きでした。かばんを開けて財布を取り出し、券売機に小銭を投入する…といった動作のうち、何ができないのか、どこで困るのか、実際にやってみなければ患者さんも作業療法士も気づくことができません。ただ院内で動作を訓練するだけでなく、患者さんが退院した後の生活も見据えてリハビリテーションを行うことが重要なのだと学びました。作業療法士は、急性期から回復期、そして退院後まで、患者さんの人生に関わる責任ある仕事です。就職後も努力を惜しまず、患者さん一人ひとりに寄り添える作業療法士をめざしたいと思っています。