このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
健康科学部

リハビリテーション学科
理学療法学専攻

科学的根拠に基づいた
理学療法の実践者をめざす。

立つ、歩く、呼吸するといった、人の基本動作。その動作に支障をきたす障害を、からだを動かす運動療法や、熱・電気などで刺激を与える物理療法、疾患部を固定する装具療法によって治療する――それが理学療法です。歩けないという症状でも、原因は骨折や心臓疾患による息切れなど多様。適切な療法を行うために欠かせない、人体の仕組みや医学の基礎、治療メカニズムといった幅広い知識を、充実した医学系科目と早期からの実習や実験で学びます。めざすのは、科学的根拠に基づいたリハビリテーションを医療・福祉・スポーツなどの現場で実践できる専門家。独自の研究に取り組み学会で発表するなど、医療の最先端情報に触れながら学べます。

教育の特色

医学の基礎とからだの仕組みを確実に理解するカリキュラム。

1年次には「医学概論」や「生理学・生理学実習」「解剖学」「基礎運動学」といった講義科目と実習科目を通じて、身体の機能や構造を理解。また「基礎演習」では、研究機器を活用したデータの収集・分析方法を学び、対象者の身体状態の評価方法や治療法を学ぶための土台づくりをします。

多彩な専門分野の研究者である教員のもと、研究の考え方と基礎を習得。

全員が修士・博士号を持つ理学療法学専攻の教員は、スポーツ・痛み・運動器など多彩な専門分野の研究者。このような指導者のもとで学び、4年次には高度で専門的な研究に取り組みます。将来、臨床の現場で既存の手法に縛られず、よりよい治療を追究するための、高い研究能力を身につけます。

学科内の他専攻や福祉工学科との交流で、視野が広がる。

対象者が自立した生活を送るためには、理学療法に加えて作業療法や介護、情報技術や住環境まで含めた、広い視野での支援が欠かせません。健康科学部で他専攻・他学科の教員や学生と交流できる本学の環境は、対象者を多角的に見つめる力をつけるのに最適です。

効果的な実習配置

講義・演習科目の進度に合わせて、段階的に実習を行います。
学習効果を高めるために事前指導にも力を注ぎます。

1年 見学実習(1週間) 医療・福祉現場の実態を理解し、2年次以降の学びに役立てます。
2年 評価実習(4週間) 効果的な治療に不可欠な評価の技術を、実践しながら学びます。
3年 総合実習Ⅰ(7週間) 対象者との関係づくりから評価・治療までの流れを体得します。
4年 総合実習Ⅱ(7週間) Ⅰとは異なる病院や施設で実習を行い、広い対応力を育てます。

主な実習先

名古屋大学医学部附属病院/名古屋市立大学病院/愛知医科大学病院/浜松医科大学医学部附属病院/京都大学医学部附属病院/神戸大学医学部附属病院/半田市立半田病院/知多厚生病院/名古屋第二赤十字病院/常滑市民病院/刈谷豊田総合病院/一宮市立市民病院/春日井市民病院/蒲郡市民病院/小牧市民病院/市立四日市病院/三重県立総合医療センター/聖隷浜松病院/掛川市・袋井市病院企業団立 中東遠総合医療センター/公立丹南病院/高岡市民病院/あいち小児保健医療総合センター/スポーツ医・科学研究所 など

From student

体内の現象まで理解し、
医学の一端を担いたい。

田中 健太 さん
愛知県/東海南高等学校 出身
2017年3月卒業

就職決定先:
岐阜大学医学部附属病院(理学療法士)

自転車をこぎながら酸素摂取量と二酸化炭素排出量を測定し、負荷を上げていくとある瞬間、有酸素運動から無酸素運動に変わる――「運動生理学実習」で自分自身も体験したこの方法で、実習先の理学療法士が、心臓や肺に疾患がある患者さんの体力回復や再発防止のリハビリテーションに適切な運動負荷を決定していました。この様子に「リハビリテーションはまさに医学だ」と実感し、体内の分子レベルの反応をもっと理解したいと思うようになりました。ゼミでは「電気刺激と細胞の糖質代謝との関係」について研究。電気刺激によって細胞への糖質取り込みを阻害するたんぱく質の発現を減らすことができれば、疾患のため運動が制限される人にも、代わりに電気刺激を使ったリハビリテーションが可能となります。私が選んだ方法では、残念ながら予想した成果は得られませんでしたが、勤務先となる大学病院でも、こうした新しい療法の臨床研究に熱意を持って取り組んでいくつもりです。