このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
看護学部

看護学部
看護学科

ふくしの総合大学だからこそ学べる看護を。

確実な実践能力と高いコミュニケーション能力を身につけた看護職が求められています。看護学部では、基礎を重視したカリキュラムや充実した実習環境を整えて、地域社会の声に応える看護師・保健師を育てます

教育の特色

基礎を重視したシンプルなカリキュラム

基礎的要素に重点を置いたゆとりあるカリキュラム編成。授業以外の時間は予習復習や国家試験対策に充てたり、他学部の学生とともに課外活動を行ったりと、充実した学生生活が送れます。

学生9人に教員1人、徹底した少人数教育

看護技術を身につける演習科目(「看護技術演習」など)では、1クラス約50人を6人の教員が担当し手厚く指導。教員1人あたり学生9人程度の少人数体制で看護実践能力を確実に高めます。

質・量ともに充実した教員ラインアップ

研究業績・教育実績・実務経験、いずれも豊富な教員が、学部開設と同時に集まりました。他大学で学部長・学科長経験を持つ教授も多く、教育者の充実が最大の強みです。

多職種連携をふくしの総合大学で学ぶ

高齢化を背景にニーズが高まる地域包括ケア。その中核を担うのが看護職です。ふくしの総合大学の総力を結集して、保健・医療・福祉の多様な専門職と連携・協働ができる力を養います。

地域連携により実習教育や就職も安心

主な実習病院はキャンパスから1時間圏内。すべての実習先に教員が同行して学生を指導するとともに、実習指導者と連携してどの病院においても充実した質の高い実習を可能にしています。