このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
看護学部

看護学科
カリキュラム

カリキュラム一覧

総合基礎科目

1年次 2年次 3年次 4年次
  • 英語コミュニケーションⅠ~Ⅳ
  • 基礎ゼミナールⅠ・Ⅱ
  • 化学
  • 情報処理演習
  • 健康・スポーツ
  • 日本の歴史
  • 心理学
  • 政治学
  • 哲学
  • グローバル教養
  • 異文化理解
  • 法と社会(日本国憲法)
  • 社会学
  • 聴覚障害者の理解と支援
  • 知多学
  • ふくしとフィールドワーク
  • 福祉社会入門
  • 日本福祉大学の歴史
  • 地震と減災社会
  • ふくしと減災コミュニティ
  • 福祉の力
   

専門基礎科目

1年次 2年次 3年次 4年次
  • 人間の形態と機能Ⅰ・Ⅱ
  • 生化学
  • 微生物学
  • 人間工学
  • ストレス心理学
  • 人間関係論
  • 病理学
  • 健康管理学
  • 社会福祉学
  • 家族社会学
  • 疾病論(内科系)
  • 疾病論(外科系)
  • 疾病論(小児系)
  • 疾病論(母性系)
  • 疾病論(精神系)
  • 臨床薬理学
  • 臨床検査学
  • 臨床栄養学
  • 保健行動論
  • 公衆衛生学
  • 疫学
  • 保健医療福祉政策論
  • 保健医療統計学
   

専門科目

1年次 2年次 3年次 4年次
  • 看護学概論(概念・理論・歴史)
  • 看護技術演習Ⅰ
  • 基礎看護学実習Ⅰ
  • 看護倫理
  • 看護過程演習
  • 看護技術演習Ⅱ・Ⅲ
  • 成人看護学概論
  • 老年看護学概論
  • 小児看護学概論
  • 母性看護学概論
  • 精神看護学概論
  • 公衆衛生看護学概論
  • 基礎看護学実習Ⅱ
  • 老年看護学実習Ⅰ
  • 多職種連携論
  • 成人慢性期看護方法論
  • 成人急性期看護方法論
  • 老年看護方法論
  • 小児看護方法論
  • 母性看護方法論
  • 精神看護方法論
  • 在宅看護論
  • 在宅看護方法論
  • 公衆衛生看護方法論Ⅰ
  • 老年看護学実習Ⅱ
  • 成人看護学慢性期実習
  • 成人看護学急性期実習
  • 老年看護学実習Ⅲ
  • 小児看護学実習
  • 母性看護学実習
  • 精神看護学実習
  • 在宅看護論実習
  • 卒業研究Ⅰ
  • 看護学研究方法論
  • 看護管理概論
  • 災害看護
  • 公衆衛生看護方法論Ⅱ・Ⅲ
  • 公衆衛生看護管理活動論
  • 公衆衛生看護学実習Ⅰ・Ⅱ
  • 看護統合実習
  • 卒業研究Ⅱ
  • 看護感染論
  • 看護教育論
  • 緩和ケア論
  • リハビリテーション看護論
  • 国際看護論
  • 家族看護論
  • 統合看護基礎技術演習
  • チーム医療連携演習
  • 国際保健演習

赤字は保健師課程科目(定員あり) 緑字は選択科目

開講科目の一例

人間関係論 人間発達、コミュニケーション、家族、集団・社会心理の理論を基礎として、患者看護師間の信頼関係の構築、治療的コミュニケーションなどについて理解を深めます。
看護方法論 成人(慢性期・急性期)、老年、小児、母性、精神、在宅、公衆衛生の各領域において、患者の身体的・心理的・社会的特徴を理解し、健康課題に応じた支援の方法を学びます。
多職種連携論 社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、理学療法士、作業療法士、臨床心理士の専門職としての役割・機能と連携のあり方を、本学に在籍する専任教員から学びます。
卒業研究 学生自身の興味と関心をもとに研究計画を立て、データを分析・整理して論文にまとめます。3年次後期から4年次前期で研究を完成させ、その後は国家試験対策に充てます。