このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 学部
  4. 社会福祉学部
  5. 1年生ゼミの取組
  6. 【ピックアップ】 岡多枝子クラス紹介
社会福祉学部

社会福祉学部
1年生ゼミの取組

【ピックアップ】 岡多枝子クラス紹介

はじめに-岡ゼミとは-

 岡多枝子先生率いる岡ゼミは、とても仲が良く個性豊かで明るいゼミです。今ではゼミのメンバーで遊ぶことも増え、毎月1回のペースで行われるレクリエーション“ゼミDAY”を皆、楽しみにしています。特に、バスケットボール大会を開いた時には、ゼミ生全員がいつも以上に輝いていました。
 そんな私たちをまとめているのが、ゼミ長です。ゼミ長はゼミのことが大好きで、ゼミをより良いものにしようと、“ゼミDAY”について皆の意見を聞いたり、先生と連携をとったりと、ゼミの大黒柱として動いてくれています。
 また、先生の最初の印象は、初めは、「厳しそう」と感じましたが、未熟な私達が成長できるように勉学やマナーのアドバイス、活動やレポートの成果を称える等、常に私たち学生を第一に考えてくださるとても優しくて素敵な先生です。

岡ゼミでの学びについて

― 「人間性」を高めるために―

1. 聞く力と発言力を鍛える 
 岡ゼミは先輩と交流する機会も多く、常に何かを学ぼうという心構えを持つことで聞く力や、大勢の人前で堂々と発言する力が鍛えられています。

2. 礼儀やマナーを身につける
 ゼミ内でも、発表の場では、「最初に自分の名前をフルネームで名乗り、丁寧な言葉づかいで発表し、聞く側も常に発表内容に意見や疑問を持ち、質問する」というスタイルで行います。その中で、自然に礼儀や度胸が身に付きます。また、学会等に参加する時には、スーツを着て背筋を伸ばした正しい姿勢で、緊張感を持ちながら学んでいます。

―勉強面では―

 岡ゼミの活動は大学内にとどまらず、 「福祉教育研究フォーラム」や「高校生の集い」、学会等に参加したり、 フィールドワークを行ったりと様々なことに積極的に取り組んでいます。

1. フィールドワーク 
 班毎に決めたテーマに沿って、自分たちで計画を練って挑みました。美浜町の自然やバリアフリー調査、美浜町役場や社会福祉協議会訪問など、多くの方々に協力していただき有意義な時間を過ごすことが出来ました。また、一人では至らない点も班のメンバーで補い合い、協力し合って最後までやり遂げる事ができ、フィールドワークを通してチームワークの大切さを学びました。

2. 「福祉教育研究フォーラム」、「高校生の集い」、学会等
 これらの学習会では、実際に現場に出ている方や福祉を専門とする先生方の話を聞くことが出来るため、机に向かっているだけでは分からない、違った学びや“福祉”に直接触れることができます。このため、このような学習の機会を新鮮に感じているゼミ生が多く、貴重な経験となっています。

終わりに

 私たちは、岡ゼミにて様々な経験をすることができました。全部が上手くいったわけではなく、成功もあれば、失敗もしました。しかし、これらの全ての経験が私たちを成長させる要素の一つだと思います。入学してから、あっという間に1年生も後半になりましたが、岡ゼミで過ごせる残り少ない時間を大切にし、より多くのことを吸収していきたいです。