このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
社会福祉学部

社会福祉学科
人間福祉専修

高齢者・障害者をはじめ
すべての人を支援する

人間福祉専修では、高齢者・障害者をはじめ、すべての人が地域で安心して暮らすことができるように、それぞれの人が抱える生活問題に対応した相談・援助を担う人材を養成します。国は、団塊世代が75歳以上となる2025年に向けて、すべての人が地域で安全・安心に暮らすことを支える、地域包括支援体制を整えることをめざしています。地域で暮らす人たちが抱えるさまざまな生活問題を的確に捉えて支援をしていくためには、福祉・医療・保健など多職種連携により取り組むことが求められています。本専修では、このような地域共生社会の実現に向けて、分野横断的かつ多職種連携による支援をコーディネートし、実践することができるソーシャルワーカーの養成をめざします。

From a student

子どもも高齢者も
地域で一緒に暮らしている。

太田 岬来 さん
愛知県/西陵高等学校 出身
2017年3月卒業

就職決定先:
社会福祉法人 日進市社会福祉協議会

授業でもサークルでも、一貫して地域福祉を学んだ4年間でした。名古屋市営住宅に密着して活動するサークルで、子どもや高齢者も一緒にできるレクリエーションなどを実施し、その経験が講義の理解やゼミでの研究にも役立ちました。高齢者福祉・障害者福祉・児童福祉というように分けて考えがちですが、高齢者も障害者も子どもや保護者も、地域でともに暮らしています。分野にとらわれない見方も大切、そう気づけたことが収穫です。

想定される進路
  • 社会福祉協議会
  • 障害者福祉施設
  • 高齢者福祉施設
  • 地域包括支援センター
  • 生活困窮者支援機関
  • 高校教員(福祉)
  • 一般企業・福祉系企業

keyword

社会福祉協議会

地域の福祉課題の解決に向けて住民組織やボランティアとともに取り組む営利を目的としない民間組織(社会福祉法人)です。

高齢者福祉施設・障害者福祉施設

介護や支援を要する高齢者・障害者がその人らしい日常生活を営めるように支える施設のこと。入所施設だけでなく、通所によりリハビリや就労支援を行う施設もあります。

地域包括支援センター

市町村が設置する、高齢者が住み慣れた自宅や地域で生活できるように相談支援を行う機関のこと。必要なサービスの相談、虐待防止、介護予防事業などを行います。

ゼミナール訪問 原田 正樹ゼミ

「地域福祉システムの構築と地域住民の参加」
学生の関心や行動はさらに大きく広がっていく。

現在の原田ゼミのテーマは「地域福祉」。学生たちは、例えば「発達障害の人や家族を、地域でどう支えるか」「さまざまな地域で、人が人らしく暮らすためには何が必要か」といった研究に取り組んでいます。重要なポイントは、障害だけ・その人だけを見るのではなく、地域という大きな枠組みの中で捉えること。学生の研究手順を、原田先生に聞きました。「発達障害を例に取れば、①障害そのものを正しく理解する。②発達障害の人に会って生の声を聞き、どんな困難を抱えているかを理解する。③地域での支援方法を考えて全国の先進事例を調査、可能ならこちらも生の声を聞く。④そこに“自分”が、当事者の一人としてどのように関わるかを考え、計画・行動する。このように学生の研究は大きく広がっていきます」。新たにスタートした人間福祉専修では、人の命と暮らしを大切にするという視点が重要になります。その人の生活の基盤となるものが地域福祉なのです。