2006年度 主な防災事業計画

 

基本方針





1構成員の命を守る


                    @ 備蓄拡充⇒非常用トイレの追加。

                    A 各教室への緊急時対応行動指針配備

                    B 携帯電話基地局誘致


2構成員の防災意識を高める


                    @ 自主防災組織の実践的訓練プログラムの実施 【防災定期講習会】

                    A 防災啓発イベント(毎年10月第3木曜日)
                      [現代GP【住まいるプロジェクト】連携企画]

                    B 防災ホームページの充実

                    C 防災総合訓練(毎年10月第3木曜日)

                    D 防災リーダー育成の育成プログラム検討 愛知県防災リーダー講習受講

                    E 防災リーダーの組織化


3初動体制の徹底を図る


                    @ 防災会議初動対応マニュアルの策定と初動訓練の実施


4速やかな業務復旧を追求する



                    @ 各セクション単位別緊急対応マニュアル策定

                      各セクション単位別緊急対応マニュアル策定また被災時における施設・
                      インフラ設備復旧計画【施工業者協定等】を検討する。

※ BCP(ビジネス・コンティニュイティ・プラン)とは事業者が緊急時における業務継続に関する基本方針、体制、手順等を定めたもの。


5地域の防災力の強化に貢献する


                    @ 避難所開設における準備

                    A 防災教育プログラムの地域住民への開放

 





2006年度防災実行計画



 

BCP

防災プログラム

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

日常的防災事業

BCP各セクション別緊急対応マニュアル策定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防災会議

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防災定期講習会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

非常用トイレの拡充

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教室の行動指針配備・携帯電話基地局誘致

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防災WEBの拡充

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

災害復興支援センター防災企画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防災リーダー講習の受講

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

避難所開設準備【マニュアル整備・協定締結】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドクターヘリ緊急着陸協定【消防組合】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安全の日

 

防災啓発イベント【現代GP住まいるプロジェクト連携】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防災会議メンバー緊急連絡訓練【災害iモード】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業時緊急対応訓練

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勢和寮避難訓練

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防災プログラムの地域住民への開放

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



1、主な日常的防災事業

@BCP(事業継続計画)策定⇒各セクション単位別緊急対応マニュアル策定

    防災定期講習を通じ各セクション別緊急対応マニュアル策定を推進する。
    被災時における施設・インフラ設備復旧計画【施工業者協定等】を検討する。

A防災定期講習会⇒防災定期講習会【防災知識・行動指針・AED講習】を開き被災時・被災後の対応力を高める。

    対象−教員・職員・学生
    時期−9月から定期開催 1時間から1時間30分程度
    内容−救急救命法(AED含む)を主体に行動指針、防災情報を20名規模単位での講習会を開く。
         半田・名古屋キャンパスについても同様に計画する。

B災害復興支援センター防災企画⇒災害復興支援センター等の継続的な活動のサポート・防災に関わる学生を組織化する。

    災害復興支援センター企画 7月3日〜7日開催予定
    〔キャンパスプラザ・12号館学生ラウンジ・11号館ラウンジ〕
    ・特定非営利活動法人レスキューストックヤード講演
    ・スモーク体験、防災備品実践訓練【仮設トイレ設営訓練(組立て指導)】
    ・展示企画【仮設トイレ・避難物品・非常食・模造紙による展示・活動報告作品

 

C防災リーダー講習の受講⇒災害復興支援センターメンバー10名が受講申請し、審査の結果学生4名学生生活センター職員1名が選ばれ計5名が今年度中に受講予定。

 

Dドクターヘリ緊急着陸協定【消防組合】

    知多南部消防組合より、緊急ドクターヘリコプターの着陸場所として本学第2グラウンドを利用できるよう
    事前了解していただきたい旨の要請による。
    【緊急着陸要請時のマニュアル整備⇒授業、利用時における行動指針学内徹底】

 

2、安全の日防災事業






▲ トップへ戻る