防災パンフレット

U 構成員の防災意識を高める

 大規模震災時には行政・消防・警察共に絶対数の不足から救援、支援共に優先順位をつけています。当然病院や公的機関(小学校)等を優先的に取り扱われますので、出来得る限り自分達で行動・処理する必要があります。
 そこで本学では独自防災組織として、全教職員による自主防災隊を設置します。しかし授業・就業時間外には自主防災隊だけでは完全な体制ではありません。そこで授業・就業時間外の被災時に参集する臨時自主防災隊も合せて設けます。これらは交代しながらの体制が必要であり、教職員全員の協力を得ながら、今後この自主防災隊要員・臨時自主防災隊としての登録・要請を呼びかけていきます。

@高い防災意識での組織作り

防災組織図

組織

選出基準 

自主防災隊本部

@日本福祉大学防災会議メンバー
(
学長・副学長・学長補佐・大学事務局長・学生部長・情報社会科学部学部長・総務部長・学務部長・総務課長・学生生活センター事務室長・情報社会科学部事務室長)

自主防災隊
(授業、業務中に参集し防災活動を担う組織、公的避難所として開設された場合は避難所運営委員会としても機能する)

@原則として全教職員

臨時自主防災隊
(注意情報、警戒宣言発令時・授業、就業時間外に参集し防災活動を担う組織)

@各部局課長職以上の教職員
A自宅から最寄キャンパスまでの距離が徒歩1時間程度の教職員
Bその他大学が任命した者
C有志

※臨時自主防災隊は1人でも多く参集する必要があります。つきまして上記選出基準外の方でも登録していただける方は 、総務課迄(内線1221)

A各セクション別任務

授業中・就業時間中における地震発生は各セクション別に下記任務・体制で対応します。また日祭日含む就業時間外において地震が発生した場合は参集できえた臨時自主防災隊が各任務を分担します。

表1 日本福祉大学美浜キャンパス自主防災隊・緊急自主防災隊任務・体制表

自主防災隊本部

(美浜キャンパス)

場合によって半田・名古屋キャンパス

 

防災隊各班名

基本任務

配置体制(案)

(昼間・夜間)

(深夜・早朝・休日)

情報の集中、基本方針の決定

Tel0569-8-2213
fax0569-87-2329
深夜0569-87-2320(施設管理)
衛星電話(本体記載)

美浜自主防災隊隊長

 

全体状況把握

総務課

緊急自主防災隊

(統括者)総務部長⇒総務課長⇒その他課長
※⇒は不在時の意思決定順位を示す。

   

召集メンバー

学長・副学長、学長補佐(研究国際)、大学事務局長、総務部長、学務部長、総務課長、学事課長、学生生活センター事務室長

 

(基本任務)

1.学生生徒、教職員の救助活動及び安全確保

2.緊急事態対策の策定

3.情報の収集及び伝達

4.教職員への指揮命令

5.学校法人の財産の保全

6.その他災害対策に関する一切の事項

 

避難指導・救護班

a) 内外部よりの情報の収集と伝達

b) 受入病院の把握および病院リストの作成

c) 不明者の把握

d) 学生、留学生等の被災状況の把握

e) 学生ボランティア指導

学務部

緊急自主防災隊

避難所班

a) 避難所設営に関わる各種機関との連携調整

b) 避難所設営に関わる避難者に対する対応

入学広報課

研究課

緊急自主防災隊

非常持ち出し・救援物資班

a) 非常持ち出し品搬出・管理

b) 備蓄食料等の支給

c) 救援物資の受入、支給

d) 救助用資器材の確保と支給

経理課

企画課

総長・学長室

緊急自主防災隊

美浜・半田キャンパス生協、NFUなどの応援

物資調達。避難所開設にあたっての協力要請を行う。

施設設備対策班

a) 非常用電源・情報インフラの確保

b) 電気、ガス、水道等の保安措置

c) 非常用電話等の確保

総務(施設G)

情報NT課

NFU

緊急自主防衛隊

NFU

   

消火・警備班

a) 学内各所の巡回警備、危険箇所の点検、消火活動

NFU

火元近隣課室

緊急自主防衛隊

NFU

地震発生時に的確に行動する為に、構成員の防災意識を高めることが非常に大切になります。つきまして本学では防災訓練・防災教育として講座の開講をおこなっていますので、積極的に参加してください。

B防災訓練

本学では毎年10月第3木曜日を全学的に「安全の日」と称し安全と防災に関わる事業をおこなっています。この防災事業として総合防災訓練として各種プログラムを実施しますので、積極的に参加してください。

 ・総合防災訓練(毎年10月第3木曜日)

C防災教育

本学では構成員のみなさんに防災講座を開いております。積極的に参加してください。

 

  2004年度開催 ・全6講座の防災講座開催

防災講座 講師

1講           

「大災害時に大学、行政、住民はどう行動すべきか」

室崎益輝氏 (消防研究所理事長)

2/3

「大学及び地域における大災害を想定した環境課題の把握」     

児玉善郎 教授(本学)

第4講

「災害図上訓練」

小村隆史氏 (富士常葉大学専任講師)

第5講

「災害ボランティアコーディネートの実際」

渥美公 秀氏(大阪大学大学院助教授)

第6講

「救急救命の実技を学ぶ」

知多南部消防組合

2005年度予定

1020日(木)安全の日 総合防災訓練

 ア)防災リーダー育成講座計画中 イ)救急救命法講習

 
上へ移動
本ホームページからの転載を禁じます。