防災パンフレット

2005年度主な防災事業

本学は、下記の基本方針に基づき、2005年度さらに各防災事業施策に取り組んでいきます。

基本方針 2005年度主な防災事業

T 構成員の命を守る

インフラ整備
@安全空間定期点検(6月・10月)
A安否確認システム検討
B障害者対応策検討
[※非常情報モニター付ジュース自販機設置]
C非常用水道(井戸)敷設
(新グランド脇に9月完成予定)

U 構成員の防災意識を高める

防災教育の推進
@自主防災組織の実践的訓練プログラム検討
[臨時自主防災隊の新救急救命法訓練9月]
A防災講座開催(9月から10月)
B防災ホームページの充実
C防災総合訓練(毎年10月第3木曜日)
D防災リーダー育成の育成プログラム検討

V 初動体制の徹底を図る

防災体制強化
@事務局における初動対応マニュアルの策定と初動訓練の実施
A3キャンパス連携
 [防災会議構成員の通信手段の強化 iモード等]

W 速やかな業務復旧を追求する

BCP(事業継続計画)策定検討
@ 各セクション単位緊急対応マニュアル策定
(マネジメントサイクルの実施)
5月各課ヒアリング
6月重点課題分析
6月2005年度防災会議報告

※ BCP(ビジネス・コンティニュイティ・プラン)とは事業者が緊急時における業務継続に関する基本方針、体制、手順等を定めたもの。

X 地域の防災力の強化に貢献する

地域連絡協議会との連携強化
@避難所開設における準備検討
A防災教育プログラムの地域住民への開放
B指定下宿におけるモデル化推進

 

 
上へ移動
本ホームページからの転載を禁じます。