›
 ›
子ども発達学部

NEW 2019年4月、学部編成を一新!

Faculty of Child Development

子ども発達学部

子ども発達学科/心理臨床学科

美浜キャンパス

もっと、子どもたちの中へ。地域の中へ。

子どもにかかわるすべてを見つめる。

子ども発達学部 学部長

山本 敏郎

子ども発達学部では、すべての子どもたちに生きる勇気と希望を育むことができる、保育者・教育者・心理的支援者を育てます。乳幼児期から青年期までを中心とした心身の発達を学び、各段階にふさわしい支援の理論と技術を身につけます。変化し続ける子どもたちを理解するために、地域社会との連携により保育所・幼稚園・小中学校・高校・特別支援学校・子育て支援センターなどの現場で学ぶ機会を豊富に設けていることも大きな特色です。これらの機会を通じ、子どもだけでなくその家族や地域社会にまで視野を広げてそこに起こる問題を発見し、相手の立場に立って解決できる力を養います。2019年4月からは学部編成を一新、いっそう高まる保育・教育・心理分野のニーズに応える人材を育成し、社会の多様な領域へと送り出します。

教育の特色

時代のニーズに応えて新たな学部へ

子ども発達学科学校教育専修に「学校教育」「特別支援教育」の2コースを開設予定。心理臨床学科は「臨床心理」「発達・福祉」「応用・社会」の3ユニットで多様な進路をめざします。

Wライセンス取得で進路が広がる

子ども発達学科では、「保育士&幼稚園教諭」「小学校教諭&中学校教諭」「小学校教諭&特別支援学校教諭」など、2つの資格・免許を、所属する専修・コースの科目修得により取得できます。

国家資格「公認心理師」に対応

心理分野の国家資格として注目を集める「公認心理師」。心理臨床学科ではこの資格に対応したカリキュラムを整えています。また日本福祉大学大学院も同資格に対応しています。

現場で学ぶチャンスが豊富に

資格・免許取得のための実習以外にも、保育所や小・中学校、障害児支援施設などで学ぶ機会が豊富。子どもとふれ合うサークルやボランティアにも多くの学生が参加しています。

希望どおりの進路を多面的に支援

正課科目で職業観を養い資格取得に必要な知識を身につけるとともに、保育課程オフィス、教職課程センター、CDP講座などによりキャリアデザインを多面的に支援します。

2019年4月スタート!
子ども発達学部が生まれ変わります。

「保育」「学校教育」「特別支援教育」「心理」
4つのキーワードに沿った教育システムへ。

詳しくはこちら

保育専修
SPECIAL CONTENTS

豊かな感性と教養、
福祉の視点を身につけた保育者に。

詳しくはこちら

心理臨床学科
SPECIAL CONTENTS

基礎心理+3つのユニットで
多様な進路をめざそう。

詳しくはこちら