›
 ›
 ›
 ›
理学療法学専攻

健康科学部 リハビリテーション学科
理学療法学専攻

科学的根拠に基づいたリハビリテーションを、
医療・福祉・スポーツで実践できる専門家に。

教育の特色

医学の基礎とからだのしくみを確実に理解するカリキュラム。

理学療法とは、人の基本動作に支障をきたす障害を、身体を動かす運動療法や、熱・電気などで刺激を与える物理療法、疾患部を固定する装具療法によって治療することです。本専攻では「生理学」「解剖学」「基礎運動学」といった科目で評価や治療の土台になる身体の機能や構造についての知識を1年次に学び、さらにさまざまな科目を通して最新の研究成果を伝えるとともに、問題を提示して自ら考える機会を豊富に取り入れ、医療現場で起きる問題に的確に対応する力を養います。

多彩な専門分野の研究者である教員のもと、研究の考え方と基礎を修得。

本専攻の教員は、スポーツ・痛み・感覚器・運動器など多彩な専門分野の研究者であると同時に医療現場で実際のリハビリテーションを行う理学療法士です。このような指導者のもとで学ぶことで、4年次には高度で専門的な研究に取り組みます。

同級生同士で、先輩後輩の間で、教え合い学び合って成長を。

臨床実習に先立って行うOSCE※(オスキー:客観的認証能力テスト)では、学生同士でメンバーを交換しながら多様な症例について評価と治療を繰り返します。また4年生の卒業研究の中間報告では、医療現場で活躍する卒業生も参加して意見を述べるなど、学生同士で学び合う中で知識と態度を身につけていきます。

※Objective Structured Clinical Examination

◎国家試験合格率:2016年度100%、2017年度78.1%、2018年度93.0%

資格取得

  • 取得可能な資格

    • 理学療法士国家試験受験資格(卒業要件資格※)
    • 社会福祉主事任用資格

※卒業要件資格:受験資格の取得に必要な科目の単位修得が卒業の条件となります。修得には現場での実習が必要です。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

4年間の学び

学習効果を高めるための段階的な実習。

講義・演習科目の進度に合わせて、段階的に実習を行います。学習効果を高めるために事前指導にも力を注ぎます。

主な実習先

名古屋大学医学部附属病院/名古屋市立大学病院/愛知医科大学病院/浜松医科大学医学部附属病院/京都大学医学部附属病院/神戸大学医学部附属病院/半田市立半田病院/知多厚生病院/名古屋第二赤十字病院/常滑市民病院/刈谷豊田総合病院/一宮市立市民病院/春日井市民病院/蒲郡市民病院/小牧市民病院/市立四日市病院/三重県立総合医療センター/聖隷浜松病院/掛川市・袋井市病院企業団立 中東遠総合医療センター/公立丹南病院/高岡市民病院/あいち小児保健医療総合センター/スポーツ医・科学研究所 など

Pick Up 講義

スポーツ理学療法学

スポーツに取り組む選手や愛好者に、理学療法士がかかわる機会が増えています。スポーツ外傷などにより活動に制約を受けている対象者への、競技復帰を目標としたアスレティックリハビリテーションに加えて、近年では、日常的なリコンディショニングや外傷予防策の一環としても理学療法が活用されています。スポーツ動作のバイオメカニクスや動作観察について学習し、それを外傷発生機転の分析や、スポーツ復帰のための運動療法に展開していく考え方と方法を学んでいきます。

物理療法学

物理療法の基礎を学ぶ実習です。物理療法とは、熱、電気、光などの物理的刺激や、牽引、振動などの機械的刺激を生体に適用し、それによって生じるさまざまな生理反応を治療に応用するもの。臨床において物理療法を用いることが多い、関節可動域障害と疼痛の病態生理について学び、物理療法の生理学的作用のメカニズムや適応と禁忌、その具体的な実施方法を理解していきます。簡単なデモンストレーションを行うこともあり、実践的な専門技術を身につけることができます。

学生VOICE

机上学習・実技練習・臨床実習を繰り返し、学びを体得する。

専門性の高い先生方の質の高い講義により、細胞から疾患まで幅広く基礎知識を学びつつ、実技は練習を繰り返して身につけます。実習先では緊張で思うようにできず、患者さんから「あせらなくていいよ」と励まされたことも。いつでも平常心が大切だと学びました。私は小児への理学療法に興味があるので、卒論もそれを選び、将来に備えています。

福田 結実さん

健康科学部 4年 愛知県 横須賀高等学校出身