健康科学部 リハビリテーション学科
介護学専攻

その人に合った支援を多面的に考え実践できる介護福祉士に。

専攻紹介

介護を受ける人の立場で考えてみてください。いろいろな職種の人が支援に携わる中で、いちばん身近に関わる職種は介護福祉士です。介護を受ける人々の思いを受け止め、自分らしい生き方ができるよう、相談援助職やリハビリテーション職などさまざまな職種とともに生活を支援します。今、求められているのはそんな介護福祉士。高い介護技術を持ち、多職種と連携して社会福祉制度を活用し、家庭や地域社会の課題を解決していく専門職です。介護学専攻では、介護福祉士と社会福祉士、2つの資格取得を通じて、対象者を多面的に支援できる人材をめざします。介護現場のリーダーから介護技術を備えた相談援助職まで、進路の選択肢は広がります。

教育の特色

介護福祉士&社会福祉士、
2つの国家資格が活躍の場を広げる。

“高度なマネジメント能力を備えた介護現場のリーダー”や“介護学を身につけた社会福祉士”をめざし、2つの国家資格取得を目標として学びます。介護と社会福祉、両方の視点が介護現場にとどまらず、幅広い支援を提供できる専門家としての活躍の場を広げてくれます。自治体・病院・社会福祉協議会で相談援助職に就く卒業生も少なくありません。

「介護学研究」で学ぶ研究手法が、
現場の課題を解決する力に。

介護現場のリーダーとして介護に関わるさまざまな課題解決にあたる際には、課題を設定して、調査・分析を行い、結果や考察を論文にまとめて発表するという、研究の手法が役立ちます。3・4年次の「介護学研究」では、実際にテーマを決めて研究を行う経験を通じて、この手法を習得します。

リハビリテーションにつながる
介護の実践者をめざして。

理学療法学・作業療法学の専門研究者によるリハビリテーションの講義が充実しています。理学療法士・作業療法士と連携する能力を養うとともに、日常的な身体介護や生活援助の中でも対象者の身体能力の向上や能力低下の予防につながる支援ができる人材を育てます。

資格取得

  • 取得可能な資格

    • 介護福祉士国家試験受験資格(卒業要件資格※1)
    • 社会福祉士国家試験受験資格※2
    • 初級障がい者スポーツ指導員
    • 社会福祉主事任用資格
  • 卒業後に実務経験が必要な資格
    (一部養成研修が免除される資格)

    認定介護福祉士※3

※1)卒業要件資格:受験資格の取得に必要な科目の単位修得が卒業の条件となります。修得には現場での実習が必要です。

※2)所定科目の成績により、資格取得に際して選考を行う場合があります。

※3)卒業後、介護福祉士としての実務経験(5年以上)を経て、認定介護福祉士研修を受講・修了することが必要です。所定の科目の履修によって認定介護福祉士養成研修の一部が免除されます。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

第29回社会福祉士国家試験合格率

80.0%

介護学専攻では、第29回(2017年)社会福祉士国家試験において、 全国平均が25.8%の中、80%という高い合格率を上げることができました。

就職実績

  • 介護学専攻

    就職希望者の就職率100%。社会福祉協議会、公務員(福祉職)、医療ソーシャルワーカーの実績も豊富です。

介護学専攻の主な就職先

社会福祉法人椎の木福祉会、社会福祉法人せんねん村、社会福祉法人福寿園、社会福祉法人喜多会、社会福祉法人綿半野原積善会、社会福祉法人昌明福祉会、藤田保健衛大学病院、西知多リハビリテーション病院、みなと医療生活協同組合、医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院東分院、社会福祉法人名古屋市社会福祉協議会、日本事務処理サービス株式会社 ほか

4年間のカリキュラム

“学生3人に教員1名”の少人数科目も

2年次以降は、社会福祉士の資格取得に向けた学習と並んで、より高度な介護技術の習得に努めます。シミュレーターを使って口腔内吸引・救急蘇生法・経管栄養(胃ろう)などの技術を学ぶ「医療的ケア演習」では、ベッド1台を学生3人で用い教員1名が指導にあたる徹底した少人数教育を行います。

段階的な学びでWライセンスを取得

1年次は介護学を中心に学び、介護福祉士に必要な基礎的な技術知識を身につけます。2年次以降は「相談援助の理論と方法」をはじめとする、社会福祉士としての学びを深めていきます。4年次からは両資格の国家試験対策講座も充実。2つの国家試験に自信を持って臨むことができます。

第30回(2018年)
介護福祉士国家試験
合格率

100%

第30回(2018年)
社会福祉士国家試験
合格率

62.5%

Voice!

2018年3月卒業
小林こばやし 鈴奈れなさん 三重県/四日市南高等学校 出身
就職決定先:医療法人杏園会 介護老人保健施設かなやま(支援相談員)

二つの学びを発揮して、
多職種の仲介役に。

介護福祉士の資格取得に必要な「介護実習」では、利用者さん一人ひとりの個別性を尊重することが求められる介護技術の、思った以上の奥深さを学びました。一方、社会福祉士資格取得のための「相談援助実習」では、回復期リハビリテーション病院で社会福祉士の仕事を見学しました。「早く退院させて、自宅で介護したい」と希望する患者さんの奥様と、「危険やご家族の負担が大きいため、まだ入院が必要」と慎重な理学療法士。意見が異なる中、社会福祉士が時間をかけて奥様と信頼関係を築きながら心の奥の不安を引き出し、全員が患者さんの回復という同じ目標を共有して前に進めるよう支援していたことが印象的でした。相談員はご家族も含め、多職種のチーム全員が納得できる答えを導き出すための仲介役でもある。その学びと介護の視点を活かし、介護老人保健施設の支援相談員として、利用者さんはもちろん職員の気持ちも大切に仲介役を務めていきます。