健康科学部 リハビリテーション学科
介護学専攻

その人に合った支援を多面的に考え実践できる介護福祉士に。

専攻紹介

介護を受ける人の立場で考えてみてください。いろいろな職種の人が支援に携わる中で、いちばん身近に関わる職種は介護福祉士です。介護を受ける人々の思いを受け止め、自分らしい生き方ができるよう、相談援助職やリハビリテーション職などさまざまな職種とともに生活を支援します。今、求められているのはそんな介護福祉士。高い介護技術を持ち、多職種と連携して社会福祉制度を活用し、家庭や地域社会の課題を解決していく専門職です。介護学専攻では、介護福祉士と社会福祉士、2つの資格取得を通じて、対象者を多面的に支援できる人材をめざします。介護現場のリーダーから介護技術を備えた相談援助職まで、進路の選択肢は広がります。

教育の特色

介護福祉士&社会福祉士、2つの資格が支援の幅を広げる。

2つの国家試験の受験資格を取得することを目標に、“高度なマネジメント能力を備えた介護現場のリーダー”や、“介護学を身につけた社会福祉士”をめざします。介護と社会福祉、両方の視点が、介護現場にとどまらず、幅広い支援を提供できる専門家としての活躍の場を広げてくれます。

「介護学研究」で学ぶ研究手法が、現場の課題を解決する力に。

介護現場のリーダーとして介護に関わるさまざまな課題解決にあたる際には、課題を設定して、調査・分析を行い、結果や考察を論文にまとめて発表するという、研究の手法が役立ちます。3・4年次の「介護学研究」では、実際にテーマを決めて研究を行う経験を通じて、この手法を習得します。

科学的根拠に基づいた、高いレベルの介護力を習得する。

1・2年次の早い時期に、「医学一般」「リハビリテーション概論」などを学習し、人体の仕組みや障害を科学的に理解します。その人に合った支援を多面的に考えられる介護福祉士をめざして、「なぜその行為を行うのか」という根拠を理解した上で、安全な介護を行える力を身につけます。

資格取得

  • 取得可能な資格

    • 介護福祉士国家試験受験資格(卒業要件資格※1)
    • 社会福祉士国家試験受験資格※2
    • 初級障がい者スポーツ指導員
    • 社会福祉主事任用資格
  • ※1)卒業要件資格:受験資格の取得に必要な科目の単位修得が卒業の条件となります。 修得には現場での実習が必要です。

    ※2)所定科目の成績により、資格取得に際して選考を行う場合があります。

    *任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

第29回社会福祉士国家試験合格率

80.0%

介護学専攻では、第29回(2017年)社会福祉士国家試験において、 全国平均が25.8%の中、80%という高い合格率を上げることができました。

社会福祉士国家試験合格体験記

2017年3月卒業 介護学専攻 鈴木 明日香さん 【合格体験記1】
就職先:社会福祉協議会
出身高校:浦和実業学園高等学校

2017年3月卒業 介護学専攻 Wさん 【合格体験記2】
就職先:病院
出身高校:愛知県立小牧高等学校

4年間のカリキュラム

2年次に選択する2つの進路

介護学専攻の1年次は介護学を中心に学び、介護福祉士に必要な知識と技術を身につけます。
2年次からは2つの選択肢が用意されています。

1年 介護福祉士をめざす
介護の理論と技術を身につけます。
2年以降 社会福祉士とのW資格をめざす
社会福祉の理論に加え、相談援助技術を学びます。

●科目例/相談援助の理論と方法
相談援助(ソーシャルワーク)の意義を理解して、面接技 術、評価方法、支援計画の作成・実施の技術を学びます。

より高度な介護学を学ぶ
介護学を深めるため、より総合的な知識を養います。

●科目例/他職種連携
利用者を支援する多様な職種について理解を深め、連携する上で介護福祉士に求められる知識や技術を学びます。

From a Student

2017年3月卒業
若井わかい 美帆みほさん 岐阜県/武義高等学校 出身
就職決定先:医療法人知邑舎 老人保健施設洋洋園

二つの専門性を活かし、
利用者の家族も支えたい。

デイサービスでの実習を通し、利用者だけでなく、その家族を支えることも介護福祉士の重要な仕事であることを学びました。自宅への送迎に同行したとき、指導担当の介護福祉士が、利用者の家族一人ひとりに「お変わりはないですか?」と声をかけていました。わずかな時間でも家族と接し、話を聞くことで、少しでも負担を軽くしようとしていたのです。家族から悩みを聞き出して解決を図るには、信頼関係を築くことが何よりも重要になります。私は介護福祉士と社会福祉士、2つの資格を取得することで、利用者とその家族、両方の悩みに応えられる人材になろうと決めました。卒業後は、理学療法士や作業療法士など、多職種が連携しながら業務にあたっている介護老人保健施設への就職を希望し、無事内定をいただきました。介護福祉士と社会福祉士という2つの専門性を活かして、いずれは相談員として利用者の家族の負担を少しでも和らげることができるように関わっていきたいと考えています。