›
 ›
 ›
 ›
リハビリテーション学科トピックス

健康科学部
リハビリテーション学科トピックス

臨床実習、国家試験対策、卒業研究
リハビリテーション学科3専攻の
特色ある学び。

理学療法学専攻

  • 臨床実習

    徹底した実習準備を行って、
    医療の現場へ。

    1年次の「見学実習」から3・4年次の「総合実習」まで、すべての実習に先立って、OSCE※(オスキー:客観的認証能力テスト)を、約半年間にわたって実施します。特定の症例を想定してプロが演じる模擬患者に対して、学生は問診や計測などにより状況を評価し、治療計画を立てて実践。教員がその評価を行います。その繰り返しにより技術と自信を身につけて臨床現場に向かいます。実習から戻ると、全学年参加の実習報告会を実施。教員や上級生からの質問に答えることで、実習での学びを定着させます。下級生は今後の実習に対する心構えができます。

    ※Objective Structured Clinical Examination

  • 国家試験対策

    学生同士で学び合う
    学風が根づいています。

    4年生になると同時に国家試験対策がスタートします。理学療法士国家試験の受験対策に精通した外部講師を約10人招き、科目別の対策講座を1週間集中的に開講。受験に向けた学習方法を理解します。さらに、3年次の終わりから受験本番を控えた4年次の12月まで、全国模試を10回、本学オリジナル模試も10回行い、段階的に実力をアップさせます。理学療法学専攻は、学生同士で自発的に学び合う学風が根づいており、夜遅くまで自主勉強会を開く様子がキャンパスのあちらこちらで見られます。努力する4年生の姿に、後輩たちもいい影響を受けているようです。

  • 卒業研究

    学部在学中に、
    大学院レベルの研究に挑戦。

    卒業研究のクオリティの高さが本専攻の特徴。「感覚器とバランス能力」「骨格筋の肥大と萎縮」「スポーツ理学療法」「疼痛抑制メカニズム」など、多分野の専門研究者が揃っており、その指導を受けながら質の高い研究に取り組むことができます。

卒業研究のテーマ例(2018年3月卒業生)

  • 足部・足関節へのテーピングがスポーツ動作時の下肢動的アライメントに及ぼす影響
  • 脊髄近傍への経皮的神経電気刺激による鎮痛効果の検討
  • 長時間運動による気分変化と鎮痛効果 ―運動に伴う自律神経応答との関係―
  • 体幹回旋時の視覚条件の違いが頭部と身体安定性に及ぼす影響について
  • ストレスに対する人工炭酸泉浴のリラクセーション効果に関する検討
  • 地域在住高齢者におけるビタミン C の摂取とサルコペニアとの関連
  • ストレッチング方法の違いが柔軟性、最大筋力、局所の筋持久力に及ぼす影響

作業療法学専攻

  • 臨床実習

    作業療法4領域を網羅する
    充実した実習先。

    作業療法学の特色は、カバーする領域の広さ。本専攻では、身体障害領域は総合病院、精神障害領域は精神科病院、老年期障害領域は介護老人保健施設、発達障害領域は療育センターなど、全領域の実習先を確保しています。特に身体・精神・老年期の3領域については、3・4年次の「総合実習」ですべてを体験できるよう配慮しています。また、2年次の「評価実習」の前には、4年生から指導を受ける授業も開講します(2年次「作業療法評価学Ⅰ」と4年次「作業療法指導法演習」の合同授業)。医療の現場で起きる問題への対処方法を、実習を終えたばかりの先輩から学びます。

  • 国家試験対策

    教えながら学ぶ
    「後輩育成プロジェクト」。

    4年次に進級すると同時に、毎月1~2回の全国模試に取り組みます。模試を数多く経験することで、国家試験問題の傾向を把握し、苦手問題の克服を図るとともに、国家試験特有のプレッシャーに耐えうる精神力を養えます。加えてゼミの担当教員も各人の個性に合わせた受験指導を行うなど、学生の国家試験合格を縦横にサポートします。また4年生は、本専攻独自企画の「後輩育成プロジェクト」に参加します。1・2年生に対して解剖学・生理学といった基礎的な科目を指導することにより、これらの科目を復習することができます。

  • 卒業研究

    学生の幅広い関心に応える
    研究指導体制。

    「総合実習Ⅰ」が終わる3年次の冬から研究テーマを模索し、4年次の春から研究活動を開始します。身体・精神・老年期・発達の各領域に対応した研究者・臨床家が揃っているため、関心ある分野の研究に自由に取り組むことができます。

卒業研究のテーマ例(2018年3月卒業生)

  • 経頭蓋磁気刺激 ―低頻度rTMSと集中的作業療法―
  • 認知症高齢者の介入拒否の要因とその対処法 ―作業療法実習における事例を通して―
  • 障害受容の観点からみた患者家族への介入 ―作業療法士に求められる対応―
  • 自閉症スペクトラム症児の生活行為獲得を目的とした事例研究 ―シングルケーススタディデザイン(AB法)を用いて―
  • 睡眠障害の理解と治療 ―不眠症に対する介入―
  • 不全頸髄損傷者に対するTransfer Packageを用いたCI療法 ―遠隔的に在宅医療を支える試み―

介護学専攻

  • 臨床実習

    積み上げ式の実習で
    実践力アップ!

    1・2年次は介護福祉士課程の、3年次は社会福祉士課程の実習を開講します。「介護実習」はⅠ~Ⅲの3段階。1年次秋の「介護実習Ⅰ」は毎週1日、12週間にわたって実習を行います。その後、1年次後期に「介護実習Ⅱ」(3週間)、2年次後期に「介護実習Ⅲ」(5週間)とステップアップを図ります。社会福祉士をめざす「相談援助実習」も2段階方式で行い(実習A:3年次8月、実習B:3年次1月~2月)、利用者に対する生活支援にとどまらず、利用者をとりまく家族、施設職員、各種の福祉サービスに働きかけていく方法を学んでいきます。実習終了後には、実習先の指導者を招いて報告会を実施します。

  • 国家試験対策

    介護福祉士&社会福祉士
    Wライセンスをめざして。

    1・2年次には介護福祉士国家試験模試を受験し、個別面接を行うことで学習スタイルを確立します。4年次からは社会福祉士国家試験対策講座もスタート。模試などを通じて徐々に受験モードに切り替えていきます。介護福祉士・社会福祉士それぞれの対策講座で全体授業・小人数編成のクラス別学習・模擬試験を行い、学生同士が学び合いながら自主的に学習を進めます。

    第30回(2018年)
    介護福祉士国家試験
    合格率

    100%

    第30回(2018年)
    社会福祉士国家試験
    合格率

    62.5%

  • 卒業研究

    大学ならではの卒業研究に取り組む。

    介護の技術を身につけるだけでなく、介護学の進歩に貢献できる研究能力や指導力を身につけることが本専攻のねらいです。介護学をはじめ心理学・看護学・社会福祉学など多様な領域をカバーする専任教員から、研究指導を受けられます。

卒業研究のテーマ例(2018年3月卒業生)

  • 地域で暮らす人々の提供可能な合理的配慮
  • 特別養護老人ホームにおける介護職員の仕事継続意志
  • J-POPの心理的影響 ―大学生を対象として―
  • ユニットケア実践に対する介護福祉士の意識 ―A特別養護老人ホームで働く介護福祉士への調査から―
  • 大学生の玉露飲用と効能に関する研究