›
 ›
 ›
 ›
情報工学専修

健康科学部 福祉工学科
情報工学専修

人と社会のために活躍できる
高度なエンジニアを養成。

教育の特色

ハイレベルな情報工学系科目を体系的に学ぶ。

入学直後から情報処理技術者に必要なハードウェア、ソフトウェアの基礎を養い、2年次からはアルゴリズム、ネットワーク、情報セキュリティ、データベースなどの専門知識を修得。3年次以降はマルチメディア情報処理や組込みプログラミングなどの、より実践的な情報技術を学びます。

情報工学と医療・福祉分野との融合領域を学んで特色ある技術者に。

本学・本学部共通の強みである福祉やリハビリテーションおよび、融合領域である「支援技術(Assistive Technology)」を学ぶことで、情報技術を活用した生活支援機器や福祉用具の開発、利用者への適合支援が行える力を養います。さらに、社会福祉の専門科目を学んで、情報技術・支援技術に強いソーシャルワーカーもめざせます。

資格取得

  • 取得可能な資格

    • 社会福祉士国家試験受験資格※1(定員あり)
    • 福祉用具プランナー研修修了試験受験資格※2
    • 社会福祉主事任用資格
  • 取得を支援する資格

    • 情報処理技術者(基本情報技術者、ITパスポート試験ほか)
    • CompTIA
    • LPIC-1~3
    • 医療情報技師
    • マルチメディア検定
    • 福祉用具専門相談員

※1)指定科目の成績が学内基準に達していない場合、所定の科目を履修できない場合があります。 また、定員を超えた場合は学内選考が行われます。

※2)CDP講座などで福祉用具専門相談員指定講習の受講が必要です。また、修了試験合格と実務経験2年を経て、福祉用具プランナー認定証が交付されます。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

4年間の学び

福祉やリハビリテーションも融合した学び。

情報処理技術者をめざす

アプリケーション開発から組込みプログラミングなどの専門的な技術を身につけます。情報分野の国家資格である情報処理技術者などの在学中取得に挑戦し、“情報工学”を体系的に学んだ実践力のあるエンジニアをめざします。

学生VOICE

実践重視のカリキュラムで、資格取得にも挑戦。

2年次までにプログラミングやアルゴリズムなど基礎から専門的なことまでひと通り修得し、3年次から卒業研究にとりかかります。将来はプログラマーやSE(システムエンジニア)として活躍したいので、こうした実践重視のカリキュラムはとても魅力的です。授業で支援を受けたCompTIA資格試験に合格したときは本当にうれしかったです。勉強は大変ですが、学ぶことの喜びを感じる毎日です。

祖父江 綾夏さん

健康科学部 4年 愛知県 名古屋市立工業高等学校出身

支援技術・福祉用具を極める

情報技術を基盤とし、利用する人に合った機器の開発・選定・適合支援にかかわる知識を学びます。また、福祉用具の専門家である「福祉用具プランナー研修修了試験」の取得をめざします。医療・福祉の分野で活躍することが期待されています。

学生VOICE

障害のある人や子どもたちのためのテクノロジーを研究。

福祉とリハビリテーション、支援技術(Assistive Technology)について主に学び、卒業研究では、視線入力センサーを利用したスポーツ関連用具の考案、評価に取り組みました。支援機器や福祉に関する専門科目を計画的に履修し、在学中に福祉用具プランナー研修修了試験に合格。これらからも“福祉用具の専門家”をめざし、さらにスキルを磨いていきます。

大前 翔さん

健康科学部 2019年3月卒業 長野県 赤穂高等学校出身

就職決定先:フランスベッド株式会社

Pick Up 講義

情報工学実験

今後、情報技術の必要性はますます高まり、あらゆるものがインターネットに接続されるIoT(Internet of Things)、人工知能がその中心的な役割を果たします。講義では、IoTや人工知能の基礎となるネットワークやセンサー、アルゴリズムを体験し、それらの技術を使ったシステム構築ができるようになることをめざします。

リハビリテーション工学

障害のある人の全人間的復権のプロセスを支援する応用的工学を学びます。この講義ではリハビリテーション工学の独自技術である人とテクノロジーとの適合技術について修得。実践事例を基にしてさまざまな機器を操作・体験するため、情報・医療・福祉など、どの分野にも通ずる知見を修得できる科目です。

情報工学専修TOPICS

情報工学専修の学びやトピックスを発信します。

詳しくはこちら