›
 ›
 ›
 ›
建築バリアフリー専修

健康科学部 福祉工学科
建築バリアフリー専修

福祉社会に求められる役割を果たすため、
福祉や環境の目で考える建築の専門家に。

教育の特色

ユニバーサルデザインや環境共生の視点を持った建築士に。

本専修では、建築の専門知識に加え、ユニバーサルデザインや安全・安心、自然環境について理解を深めます。高齢者から妊産婦、子ども、そして障害者まで、誰もが快適で健康的に暮らせる建築や環境づくり、自然環境との共生を可能にする生活環境の専門家をめざします。

社会福祉士資格への挑戦を通じて、福祉への理解を深める。

建築の専門科目と並行して、1年次から「社会保障論」「相談援助の基盤と専門職」といった社会福祉の専門科目も学べます。建築士と社会福祉士のW資格取得をめざすのはもちろん、福祉の視点で建築を考えるのにも役立つ、日本福祉大学ならではのカリキュラムです。

資格取得

取得可能な資格

  • 一級建築士試験受験資格※1
  • 二級建築士試験受験資格※2
  • 社会福祉士国家試験受験資格※3(定員あり)
  • 2級ビオトープ管理士(計画・施工)試験科目一部免除※4
  • 社会福祉主事任用資格

※1)建築士免許の登録には、卒業後、指定科目の修得単位数等に応じた建築実務の経験年数が必要となります。

※2)卒業するために必要な資格となります。

※3)指定科目の成績が学内基準に達していない場合、所定の科目を履修できない場合があります。また、定員を超えた場合は学内選考が行われます。

※4)所定の科目の履修によって試験科目の一部が免除されます。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

4年間の学び

3年次からはじまる2つのコース制。

建築デザインコース

誰もが安全・安心で使いやすくデザイン性の高い建築やまちづくりを目標にデザイン・設計・福祉を学習。一級・二級建築士のほか、社会福祉士の取得もめざせます。

学生VOICE

住宅設計を通して、人々の幸せな生活をデザイン。

建築の知識はもちろん、福祉の考えを日常的に学べるところが強み。バリアフリーやユニバーサルデザインなど、人の動きや住みやすさを第一に考えるようになり、他大学の建築学科の学生と合同設計すると、その違いを特に実感します。私の目標は、住宅設計で幸せな暮らしをデザインすること。日本福祉大学で培った学びは、今後も不可欠な要素だと考えています。

有賀 薫さん

健康科学部 2019年3月卒業 愛知県 刈谷北高等学校出身

就職決定先:積水ハウス株式会社(技術職)

環境建築コース

自然と共生した住環境の創造をめざし、森林保護や生態系の保全といった環境問題に関する知識と、設計に関する知識・技術を修得。一級・二級建築士のほか、2級ビオトープ管理士の取得もめざせます。

学生VOICE

環境分野を中心に履修し、ビオトープ計画に取り組む。

3年次にビオトープ計画施工演習に取り組みました。大学近くの森で植物調査等を行い、自分たちで計画・施工しました。人と自然の共存、生物保存、計画の重要性、仲間との協調など学んだことは大きかったです。在学中にビオトープ施工管理士の資格を取得し、卒業後は造園会社へ。いつかは、人が自然と集まるような、環境に配慮した公園を作ってみたいです。

平野 隼大さん

健康科学部 2019年3月卒業 愛知県 杏和高等学校出身

就職決定先:名鉄環境造園株式会社(技術職)

Pick Up 講義

福祉環境設計演習

「バリアフリー」「ユニバーサルデザイン」などの福祉住環境の実践能力を修得し、福祉の専門家とも対等に協働できる知識と技術を身につけます。3年次前期までに学んだ設計科目のまとめとして、大規模な公共性のある建築設計に取り組み、建築士をめざす学生にとっては必須ともなる基本的な考え方と設計技術の修得を図ります。

ビオトープ計画施工演習

自然環境を重視し生物多様性をめざすまちづくりに欠かせない概念として、近年脚光を浴びているビオトープ。実際に施工されたビオトープ見学や、大学構内の演習用ビオトープの改変計画を通して、ビオトープデザインを実践的に学びます。さらには、雑木林の管理計画を立て、樹木伐採や下草処理などを行いながら管理能力を養います。