›
 ›
 ›
 ›
建築バリアフリー専修

健康科学部 福祉工学科
建築バリアフリー専修

人と自然環境、すべてを見つめる“ふくし”の目を持った建築士に。

専修紹介

快適で幸福な暮らしの基盤となる、建築や住環境。でも、福祉や環境を熟知した建築のプロは、まだ少数派です。建築バリアフリー専修では、建築の専門知識に加え、ユニバーサルデザインや安全・安心、自然環境についての理解を深めます。高齢者から妊産婦や子ども、そして障害者まで、誰もが楽しく健康に暮らせる建築や環境の視点、自然環境との共生の視点を持った、これからの時代が求める生活環境の専門家をめざします。一級建築士※1・二級建築士※1・社会福祉士の資格取得をめざすことが可能です。卒業後は「建築の専門家」「造園・都市開発に携わる自然環境の専門家」「福祉環境の視点から住宅改修の助言ができるソーシャルワーカー」として力を発揮できます。

教育の特色

資格取得をめざし、高いレベルの建築スキルを身につける。

「建築製図演習」など基礎的な科目から、「福祉住環境計画」「建築防災計画」など特色ある科目まで 広く学び、卒業時には全員が二級建築士試験受験資格を取得できます。さらに卒業後に実務経験を積むことで一級建築士の受験が可能です。

ユニバーサルデザインや環境共生の視点を持った建築士に。

これからの社会が求めるのは、年齢や障害の有無にかかわらず、あらゆる人が快適に暮らせる建築デザインや、自然環境と共生した住まい・まちづくりです。「福祉環境設計演習」「環境共生のまちづくり」などの科目で、そのような住環境づくりに必要な視点を身につけます。

社会福祉士資格への挑戦を通じて、福祉への理解を深めよう。

建築の専門科目と並行して、1年次から「社会保障論」「相談援助の基盤と専門職」といった社会福祉の専門科目を選択し、本格的に学べます。建築士と社会福祉士のW資格取得をめざすのはもちろん、福祉の視点で建築を考えるのにも役立つ、日本福祉大学ならではのカリキュラムです。

資格取得

  • 取得可能な資格

    • 一級建築士試験受験資格※1
    • 二級建築士試験受験資格※1※2
    • 社会福祉士国家試験受験資格※3(定員あり)
    • 2級ビオトープ管理士(計画・施工)試験科目一部免除※4
    • 社会福祉主事任用資格
  • ※1)卒業後、指定科目の修得単位数等に応じた建築実務の経験年数が必要となります。

    ※2)卒業するために必要な資格となります。

    ※3)指定科目の成績が学内基準に達していない場合、所定の科目を履修できない場合があります。
    また、定員を超えた場合は学内選考が行われます。

    ※4)所定の科目の履修によって試験科目の一部が免除されます。

    *任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

就職実績

  • バリアフリーデザイン専修 ※建築バリアフリー専修の前身

    就職希望者の就職率100%。建築・環境の知識と資格を活かせる住宅メーカーや建築会社、住生活関連企業への他、公務員・福祉分野にも就職しています。

バリアフリーデザイン専修の主な就職先

大和ハウス工業、積水ハウス、パナホーム、セキスイハイム中部、住友林業緑化、鴻池組、伊藤忠エネクスホームライフ、名古屋ヒルトン、医療法人啓仁会 豊川さくら病院、三重県社会福祉協議会、石川県(造園職) ほか

4年間のカリキュラム

3年次からの2つのコース

建築デザインコース

誰もが安全・安心で使いやすくデザイン性の高い建築やまちづくりを目標にデザイン・設計・福祉を学習。一級・二級建築士のほか、社会福祉士の取得もめざせます。

環境建築コース

自然と共生した住環境の創造をめざし、森林保護や生態系の保全といった環境問題に関する知識と、設計に関する知識・技術を習得。一級建築士・二級建築士のほか、2級ビオトープ管理士の取得もめざせます。

Voice!

2018年3月卒業
久世くぜ 雄哉ゆうやさん 愛知県/大府東高等学校 出身
就職決定先:大和ハウス工業株式会社

教室を出て
現場を経験する機会の多さが魅力。

小さいころからものづくりが好きだった私は、超高齢社会で需要が高まるバリアフリー建築を学ぼうと考えて日本福祉大学を選びました。この専修の魅力は、外に出る機会の多さです。「ビオトープ計画施工演習」ではキャンパス近くの雑木林に入り、“木漏れ日の中で読書ができる秘密基地”づくりにグループで取り組みました。多くの樹木の中から外来種を見分けて伐採し、その廃材でテーブルとベンチを製作。設置場所が斜面だったのでテーブル天板を水平に保つことに苦心しましたが、脚の長さを工夫するなど、全員で協力して完成させました。また3年次の冬にはゼミの先生の紹介で、後に就職することになる大和ハウス工業でのインターンシップに参加。建築を学ぶ他大学の学生とともに研修施設で4日間合宿し、施工管理の仕事を見学したり、鉄筋を組んで建物の基礎をつくる実習も経験しました。入社後は施工管理を担当します。働く人の安全と高品質に貢献したいと考えています。