›
 ›
 ›
経済学部トピックス

経済学部トピックス

地域というフィールドで
生きた経済・経営を体感

経済・経営は“いきもの”です。机上で理論を学ぶだけでなく、地域に出てその動きを体感しながら学ぶことが効果的です。経済学部では、両方のバランスを重視し、理論学習と並んでフィールド学習の機会を豊富に設けています。その代表例とも言える1年次の「地域社会と共生」と、2~3年次の「地域研究プロジェクト」を紹介します。

4年間の流れ

1年次前期

そもそも“地域社会”って何だ?

  • #

    東海市を舞台に具体的に学ぶ

    1年次の春~夏は、経済学部で学ぶための準備期間。この時期を代表する科目が「地域社会と共生」です。人間の経済活動が営まれる場である地域社会の強みと課題を発見する視点や、地域社会と自分の関わり方を身につけることを目的とし、キャンパスのある東海市を舞台として具体的に学びます。

  • #

    地域のゲスト講師が
    次々と登場

    全15講の大半がゲスト講師による講義です。これまでには、東海市役所、東海警察署、NPO法人、企業などから講師を招請。東海市が創業の地であるカゴメ株式会社からは市内工場責任者が登壇し、小中学校で毎月実施する「トマト給食」など、地域の健康に貢献する活動が紹介されました。

  • #

    グループ討議で総仕上げ

    最終回はそれまでの講義を踏まえて、東海市のまちづくりをテーマにグループディスカッションを行います。過去には「世代を超えたスポーツ交流拠点の整備」「無農薬野菜を生産・販売・提供するまち」など、さまざまなアイデアが学生自身によりプレゼンテーションされました。

2年次後期~3年次後期

地域課題を自分たちの手で解決!
地域の方々と協働する
「地域研究プロジェクト」

  • 課題解決を通じ社会人基礎力を養う

    産業振興やコミュニティづくりなど、地域の課題解決につながる事業を自治体や地域関係者と協働しながら実践する科目です。学生は自ら進んで考え、動き、学ぶことを通して課題設定・解決能力、コミュニケーション能力、リーダーシップや協調性といった座学では習得できない社会で役立つ力を身につけます。過去には、徳吉醸造株式会社(愛知県南知多町)との共同で新商品「のせる醤油 福だまり」を開発し、大学生協などで販売した実績もあります。

  • 東海デジタルマップ
    プロジェクト

    スマートフォンで地図アプリを使う人が増えていますが、“表示されたお店に行ってみたら移転していた”など、不便なこともあります。そこで、他大学ゼミナールと共同で、東海市の企業やスポットを調査。デジタルマップを用いた情報発信の方法と効果を検討しています。

  • まちのにぎわいプロジェクト

    「にぎわいのあるまち」をテーマに、地域イベントや特産品の調査・分析・企画を行っています。2016年には前年に引き続き、株式会社トラムスコープ「パンのトラ」と一緒にチャリティーパンのアイデアを検討し、学生オリジナルのパンを開発・販売しました。

  • VC(ボランティア・コーディネート)プロジェクト

    いざというときに役立つ人材の育成をめざし、防災紙芝居の上演、長野県辰野町の村おこし、フィリピンでのマングローブの植樹、環境にやさしい電気自動車(EV)の普及の、4つの活動に取り組んでいます。