›
 ›
 ›
看護学科
看護学部

看護学科

基礎的要素に重点を置く、精査されたカリキュラムと徹底した少人数教育。研究・教育・実務経験豊富な教員のもと、確かな知識と技術・コミュニケーション力を備えた看護師をめざします。保健・医療・福祉の多様な専門職と連携・協働できる力も養います。

入学定員
100名
キャンパス
東海キャンパス

医療・保健・福祉の中核として
活躍する看護師・保健師。

教育の特色

しっかり着実に基礎的な看護の知識・技術を身につける。

看護の目標は、人々の健康を守り、その人らしい生活を送ることができるように支えること。そのために必要な看護の知識と技術を、基礎に重点を置いて指導します。教員は全員、研究業績・教育実績・実務経験が豊富。どんな場面でも対応できる基礎力を身につけます。

実績に裏打ちされた質の高い教育を実践する少人数教育。

他大学での学部長・学科長経験を持つ教授も多く、質の高い充実した教育を行っています。「看護技術演習」などの演習科目では、1クラス約50人を6人の教員が担当する少人数制。教員1人あたり学生9人程度と、ていねいな手厚い指導で、安心して学べる環境を整えています。

地域と連携した実習教育。行き届いた環境で多職種連携も学ぶ。

主な実習先はキャンパスから1時間圏内。すべての実習先に教員が同行し、実習先の指導者と連携して指導するので、どの実習先でも「日本福祉大学の教育」が受けられます。これからの医療現場で求められる「地域包括ケア」の実現に必要な多職種連携も、しっかりと学ぶことができます。

進路・資格取得

取得可能な資格

  • 看護師国家試験受験資格(卒業要件資格※)
  • 保健師国家試験受験資格(定員あり)

※卒業要件資格:受験資格の取得に必要な科目の単位修得が卒業の条件となります。修得には臨地での実習が必要です。。

就職先一覧

〈 保健師 〉 愛知県/愛知県江南市/長野県喬木村/三重県朝日町 〈 看護師 〉 愛知県がんセンター/足助病院/安城更生病院/飯田病院/伊勢赤十字病院/一宮西病院/医療法人沖縄徳洲会/大垣市民病院/岡崎市民病院/海南病院/刈谷豊田総合病院/眼科杉田病院/木沢記念病院/北里大学病院/岐阜県総合医療センター/協立総合病院/共和病院/江南厚生病院/公立西知多総合病院/国立長寿医療研究センター/小牧市民病院/静岡県立総合病院/鈴鹿中央総合病院/大雄会/中京病院/東京都立多摩総合医療センター/常滑市民病院/栃木県立がんセンター/富田病院/富山県リハビリテーション病院・こども支援センター/豊川市民病院/トヨタ記念病院/豊田厚生病院/豊橋市民病院/中津川市民病院/名古屋掖済会病院/名古屋記念病院/名古屋市立大学病院/名古屋市立東部医療センター/名古屋セントラル病院/名古屋第一赤十字病院/名古屋大学医学部附属病院/名古屋第二赤十字病院/半田市立半田病院/藤田医科大学ばんたね病院/藤田医科大学病院/碧南市民病院/溝口病院/南生協病院/名城病院/名南病院 ほか

進学先一覧

岐阜医療科学大学(助産学専攻科)/穂の香看護専門学校(助産学科)

看護職養成の教育目標

  • これからの医療の担い手にふさわしい、
    専門性を発揮できる人材を育成。

    看護職は、健康問題を抱える対象者の一番近くにいる医療専門職です。少子高齢社会の進展や、医療の役割の変化など、さまざまな環境変化が予測される中、自ら考えて動くことのできる自律した人材が求められます。本学部では3つの能力を備えた人を育てることを教育目標に掲げ、どのような環境の中でも専門性を発揮して活躍できる看護職を養成します。

コミュニケーション能力

  • 対象者やその家族との良好な関係を築くことが、看護実践の第一歩です。相手が「治したい」と思ってくれなければ医療が始まりません。また、対象者の現在の健康状態、生活の状況や過去の生活などを深く理解しなくては、ニーズに合った的確な看護を実践することは不可能です。そのために必要なコミュニケーション能力は、看護職の基礎をなす専門能力といえます。看護学部では、1年次の「基礎ゼミナールⅠ・Ⅱ」でコミュニケーションの基礎を学び、「看護技術演習Ⅰ」などを通して専門技術としてのコミュニケーションを学びます。また、演習科目やゼミにおける徹底した少人数教育をはじめ、教員と学生、上級生と下級生との関係の中で、実践的なコミュニケーション技術を自然に身につけることができます。

基礎的な看護実践能力

  • 少子高齢社会の進展に伴い、医療の役割も変化しています。若者や働き盛り世代を中心とした急性・重症疾患にはより高度な“病院で治す医療” が求められる一方、高齢者を中心とした慢性疾患・全身疾患に対しては、治すだけでなく“生活の場における自立を支える医療” が今まで以上に重要となります。治す医療から支える医療への転換の中で、看護職は自律して考え動くことが求められます。その礎となるものが看護職としての専門性、すなわち“確かな看護実践能力” にほかなりません。看護学部では、対象者を理解し、計画を立てて技術を発揮し、結果を評価して次に役立てる一連の看護実践プロセスを確実に行うことができる看護職を養成します。

多職種連携能力

看護職は、健康問題を抱える対象者の一番近くにいる医療専門職です。医師をはじめとする専門職に対象者の情報を提供し、チームの一員として援助計画を立てるなど、これからの看護職には、多様な専門職と連携し、その中核として働ける力量が求められます。日本福祉大学には、社会福祉士(医療ソーシャルワーカー)や精神保健福祉士、介護福祉士、理学療法士、作業療法士などの養成課程があり、さらには医師や医療経営の実務経験を持つ教員も在籍しています。「多職種連携論」や「チーム医療連携演習」などの科目を学部内外の専任教員が指導したり、他の専門職とともにケーススタディに取り組むなど、多職種連携の力を養います。

4年間の学び

多職種連携能力を養う
“ふくしの総合大学”ならではの学び。

Pick Up 講義

看護統合実習

4年次前期の最後に履修する看護統合実習では、それまでに学んだ看護の専門知識・技術および専門職業人としての態度を統合させ、より難易性の高い対象者に対しての質の高い確実な看護実践を学びます。成人・老年・小児・母性・精神・地域の6看護学領域それぞれの特色ある実習目標が設定され、それを達成するためのさまざまな実習施設での実習や他職種との連携の実際を体験できます。選択領域については、学生の希望を加味して決定し、それぞれ履修します。

チーム医療連携演習

少子高齢社会を背景にニーズが高まる地域包括ケアシステム。地域社会において、医療・保健・福祉の各専門職が協働して対応することが求められており、看護職はその中核を担う役割を期待されています。 回復期の患者さんを対象とした病院で、入院から退院までの一連のプロセスにおける多職種連携チームアプローチの実践を見学し、学生同士で具体的な事例を検討することにより、チーム医療における看護職の役割について理解を深め、看護専門職として協働性を発揮できる人材を育成します。

学生VOICE

基礎が身につく徹底指導。将来はフライトナースに。

2年次までに演習と座学を何度も繰り返して基礎を修得します。学生同士で行った注射や採血の演習はとても緊張しましたが、先生方が大変熱心に指導してくださり、また同じ志を持った仲間と協力して学び合える環境がとても心強く、少しずつ自信がついてきました。将来の目標であるフライトナースをめざし、臨地実習そして卒業研究に真剣に取り組んでいます。

西谷 将吾さん

看護学部 4年 愛知県 一宮西高等学校出身

専門科目

専門科目の7領域を
バランスよく学ぶ

詳しくはこちら

実習教育・施設

最新の施設・設備で
確かな技術を身につける。

詳しくはこちら