私にとって空港もキャンパス

Student Interview

空港で働き、学ぶ日本福祉大学生の言葉

航空機に関わる仕事を通し
豊かな社会性も身につきます

株式会社トラジャルフレール

落合 亮さん

経済学部 経済学科2年(当時)

空港での仕事を選んだ理由

私は大学で硬式野球部に所属しており、「トラジャルフレール」で働いている部の先輩から、「空港という国際的な環境の中で働ける」「厳しい環境だけど貴重な経験ができ、自分自身が成長できる」といった仕事のやりがいや面白みを、日ごろから聞いていました。私は当時、飲食店で夜勤のアルバイトをしていましたが、睡眠時間を削るような状態だったので、講義や部活にも悪影響が出始めていました。ですから、先輩からアルバイトに誘われた時は二つ返事で受けました。2015年の夏からアルバイトを続けています。野球部の練習もあり頻繁に働くことはできませんが、野球部の監督からは「夜勤よりも健康的だから」と公認をいただいています。私のように、先輩からの紹介をきっかけにして「トラジャルフレール」で働く学生は多く、現在、日本福祉大学の学生15人が在籍しています。

仕事のやりがい

中部国際空港を離発着する航空機の「機内清掃業務」を担っています。フルタイムで勤務すると、1日およそ10回の機内清掃を行います。シートの汚れを取り除いたり、モニターの指紋を拭き取ったり、機内誌を整頓したりと、チェック項目に従って業務を行います。限られた時間内で、速さと正確性が要求されます。機内はお客様が長時間滞在される場所なので、快適に過ごしていただきたいという気持ちで働いています。業務はチーム内で分担するので、スタッフ間による連携が必要です。その点においては、野球で培ったチームプレーが生かされていると感じています。私たちが心を込めて清掃した航空機が、お客様を乗せて大空に飛び立つ姿を見る喜びが、仕事のやりがいになっています。

続きを見る

学びとのつながり

国際空港でアルバイトをすること自体が、学びにつながっていると感じています。日常生活では航空機に乗る機会はほとんどありませんが、アルバイトでは1日に何回も機内に乗りこむことができます。また、一般の方が立ち入りできないような場所も目にすることができます。こうした非日常的な空間を学生時代に経験できるのは、視野を広げるという面で、貴重な学びだと感じています。例えば、国際空港は世界と繋がる場なので、外国人スタッフに初対面でもハグや握手をされることもあり、自然な形で異国の文化を学べます。また空港内では、万が一にも事故が起こらないよう、見通しの悪いところでは指差し確認を行うなど、業務の安全確保に向けた行動を徹底しています。これらの経験は、観察力や状況判断力といった、人間的なスキルの学びになっていると感じます。

あなたにとって空港とは?

「時間さえあれば行きたい!」と思える場所です。部活が急に休みになった日は、働けないかトラジャルフレールに電話するほど、私にとって楽しいと思える職場です。本来、人見知りな性格で、最初はなかなかスタッフの輪に解け込むことができませんでした。しかし、スタッフにはフィリピンや中国、ペルーなどの人がいて、お国柄なのでしょうか、とても親切に接してくれました。そのおかげで、私も積極的にスタッフと話ができるようになりました。セントレアで国際色豊かなスタッフと一緒に働くことで、社交性が身につき自分の殻を一つ破ることができたと思っています。私は卒業後、社会人野球に進むことを希望しています。空港で一足先に、社会を学ばせていただいています。

採用企業Interview

株式会社トラジャルフレール
代表取締役

黒肥地 亮彦 氏

学生が空港で働く意義について

当社の空港業務は、機内清掃をはじめ、搭乗手続きのパッセンジャーサービス、車いすのお客様のアシスタントなど、幅広い仕事があります。日本福祉大学の学生は、航空機内の清掃を中心に活躍していただいています。この仕事は、表舞台には出てこない下支え的な業務が中心ですが、正確で安全な空港の運営に欠かせない役割を担っています。裏方だからこそ、人々の「しあわせ」や「ゆたかさ」のために行動できる、「ふくし」の心を持ったスタッフの存在は大きなものがあります。仕事上のちょっとした気づかいが、事故の防止につながり、空港を利用されるお客様の「安心」や「快適」に結びつきます。そのような高い意識が、アルバイト学生のモチベーションを高めています。その姿勢は、「社員一人ひとりが幸せを感じられる会社となる」「社会に貢献できる会社となる」という、当社の理念とも合致しています。

続きを見る

学生への評価や期待について

日本福祉大学で学ぶ学生アルバイトの皆さんは、挨拶などの礼儀作法がしっかりと身についており、見ていて実に清々しいと感じています。挨拶は社会人として生きる上での基本中の基本なので、他のスタッフにも良い影響を与えていると思います。中部国際空港は、存在そのものがこの地域の大切な財産です。その場所で働くということは、そのまま地域貢献にもつながります。学生には、大きな誇りを感じてほしいですね。空港での仕事は、普通のアルバイトでは絶対にできないような経験が積めます。空港を学びの場として、自分の将来の夢を見つけ、そして実現してほしいと思います。時には失敗もあるでしょうが、それも経験の一つと受け止めてください。必ず将来に役立つものですから。

株式会社トラジャルフレール

住所 〒457-0807
名古屋市南区鶴見通六丁目2番地2
電話 052-619-7881
事業内容 空港事業(航空機支援事業、貨物上屋業務、旅客業務、旅客サポート業務、VIPアテンダント業務)教育事業、派遣事業、その他受託事業
WEB http://www.tj-frere.com/

トラジャルフレールは、中部国際空港、成田国際空港、東京国際空港(羽田)の各空港において、国際線航空機の運航に関わる地上業務を幅広く手掛けており、高品質なサービスをリーズナブルな価格とフレキシブルな対応でご提供しています。 また教育事業や派遣事業、各種受託事業等、航空関連以外の分野へも事業を展開しています。

Back To Page