Topics

2015年12月7日

日本福祉大学と中部国際空港株式会社との
産学連携に関する協定が締結されました

日本福祉大学×中部国際空港株式会社

2015年12月7日に学校法人日本福祉大学と中部国際空港株式会社は、
地域における産学連携活動の円滑な推進と構成員の資質向上をめざした相互協力をもって、
地域社会の発展に貢献することを目的として、産学連携に関する協定を締結しました。
今後、中部国際空港株式会社協力のもと、空港をフィールドに様々な教育活動を展開していきます。
また、学生たちは空港内での多彩な課外活動により、
グローバルな視点や国際社会で役立つ語学力などを日々養っています。
空港で学び働く学生の姿をご覧いただき、未来の自分をイメージしてください。

2016年5月

中部国際空港内に
サテライトキャンパスを開設

中部国際空港内に産学連携協定に基づき
日本福祉大学セントレアサテライトを開設。
空港とその関連業界のビジネスを現場で学び、グローバルに活躍する力を身につけます。

※日本福祉大学は、正課科目ならびに課外活動の場として、貸会議室をセントレアサテライトという呼称のもと活用しています。
本名称は、空港内の入居企業案内版に室銘板として掲載されています。

PICK UP!

中部国際空港セントレアサテライトで
完結する正課科目

Global Career Design

グローバルキャリアセミナーはセントレアサテライトで開講される集中講義です。
グローバルをキーワードに、中部国際空港やりんくうエリア等で
ビジネスを展開する企業や福祉施設の担当者を招き、講義を行いました。
エアラインや観光ビジネス、世界と広くつながるビジネスの最前線を学ぶとともに、
これから世界で活躍するために求められるスキルを学びました。

Field Work Topics

  • セントレアホテルでの実習

    国際福祉開発学部では、空港施設と直結したセントレアホテルでインターンシップ事業を展開しています。高い語学力を修得した学生たちが、ゲストの過半数が外国人であるホテルのフロントでスタッフとして日々成長を続けています。一流ホテルでのインターンシップへの参加により、実践的な語学力の習得や、ビジネスマナーのほか、国際性を身に付けています。

    株式会社セントレアホテル
  • 経済学部の学生がセントレアで
    アンケート調査を実施

    「地域研究」の授業を履修する経済学部の学生が、中部国際空港でアンケート調査実習を行いました。学生たちは自らの仮説に基づき、調査計画の立案やヒアリングのトレーニングなどの事前準備を行いました。調査当日は実習に参加した学生により、およそ300人分のデータが収集されました。身につけた調査研究手法は、2年次後期より始まる地域研究プロジェクトに活かされます。

  • セントレア内で、国際福祉開発学部の
    新入生セミナーを実施。

    国際福祉開発学部では、新入生を対象とした新入生セミナーが開催されました。このセミナーは、学生生活のなかで国際感覚を磨き、グローバルな社会で活躍してもらうための第一歩として、大学として初めてセントレアで実施されました。セミナーでは各種アクティビティやセントレアで働く上級生らによる体験談が披露され、世界を身近に感じさせる2日間となりました。

  • 国際トライアスロン大会に国際福祉開発学部が通訳ボランティアとして参加

    知多半島を舞台とする国際トライアスロン大会「アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン」に、国際福祉開発学部の学生が通訳ボランティアで参加しました。ワールドユースミーティングなどにより培った英語力を駆使して、海外選手への受付対応や運営の補助にあたりました。

  • セントレア盆踊り大会に学生が参加

    国際福祉開発学部の学生が、中部国際空港で毎年開催している「セントレア盆踊り大会」に参加しました。学生からは、「初めて着る浴衣は、とても好きな色だったので嬉しかった。セントレアのスカイデッキで、飛行機の離着陸を見ながら盆踊りを体験することができ、贅沢な時間を過ごすことができ」などの感想が寄せられました。

  • 【就職支援】中部国際空港プレミアムツアー

    空港関連業界への就職を希望する学生を対象に、現場見学や企業訪問を実施しました。中部国際空港株式会社をはじめ3法人を訪問し、担当者による説明や施設見学を通じて、『空港=就職先』という視点を養いました

Tokai Campus

中部国際空港に一番近い大学

2015年4月に東海キャンパスが開設され、
日本福祉大学は中部国際空港に一番近い大学となりました。
最寄の名鉄「太田川」駅から中部国際空港までは19分。空港で活動しやすいアクセス環境です。