このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 大学概要
  4. キャンパスハラスメント防止対策
  5. 性暴力、およびキャンパス・セクシュアルハラスメント防止宣言
学園・大学案内

性暴力、およびキャンパス・セクシュアルハラスメント防止宣言

日本福祉大学全学協議会
(大学評議会/職員会議/教職員組合/学生自治会/院生自治会/理事会)

本学は、学生・教職員が、身体的・心理的に安全な環境の中で教育、学習、研究、業務をすすめ、男女がお互いに相手の立場を尊重する人間関係をつくることができるように努力してきました。
しかし、残念ながら、相手を対等な人間と見ないで、差別や暴力や脅しといった人権を侵害する行為が、大学という公的な場においても、地域、下宿、アルバイトなどという私的な場においても起こり得ます。また、学生同士、学生と教職員、教職員同士の間でも、本人の望まぬ性的な言動や不快な接触、直接的な性行為などによって、不利益や被害を受けることも起こり得ます。
セクシュアル・ハラスメントは、男女の性の違いに基づく力関係の不均衡を利用した身体的、心理的な傷害や苦しみをもたらす行為、脅迫、嫌がらせであり、人権の侵害です。

わたしたちは、こうした行為や言動を絶対に許しません。

オリエンテーションやセルフ・ディフェンス・トレーニング、講義や演習、学生と教職員による全学的な取り組みをとおして、一切の性暴力やセクシュアル・ハラスメントを抑止し、被害を未然に防ぐとともに、相談体制の充実をはじめ、被害者の立場にたって問題・事件の解決を図るための支援体制を整えていきます。
安全な環境と男女の自由で対等な人間関係に基づく、明るい学園生活を作り上げていきます。

※キャンパス・セクシュアルハラスメントとは
相手方の意に反した性的な行為や言動そのもの。また、それによって、学業や大学業務を遂行する上で不利益を与えたり、学業や就業の環境を著しく悪化させてしまうことを指します。

※性暴力とは
レイプや痴漢行為、のぞきなどの明らかな犯罪ばかりではなく、相手方の意に反した肉体的な暴力あるいはことばの暴力によって性的関係を強要したり、間接的に性的接触を行うなどの犯罪的行為を含みます。

1998年11月5日公示