このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
学園・大学案内

建学の精神

 中部社会事業短期大学は、その根本精神として、高く清き宗教的信念に根をおろした教養が積まれる場所でありたいと願うのであります。社会事業の経営について深い問題を研究すべきはもちろんでありますが、社会事業の専門的知識人を作ることよりも、永遠向上の世界観と、大慈大愛に生きる人生観を把握した健全な人格を育て、広い世界的視野をもちつつ、社会事業を通じて、わが人類のために自己を捧げることを惜しまぬ志の人を、現実の社会に送り出したいのであります。今や新しい日本は、新しい文化的基盤を要求しております。それは、真・善・美・聖の精神文化、特に従来不振の状態にある聖―即ち信仰を他にして、奈辺にも見出し難いのであります。
 この悩める時代の苦難に身をもって当たり、大慈悲心・大友愛心を身に負うて、社会の革新と進歩のために挺身する志の人を、この大学を中心として輩出させたいのであります。それは単なる学究ではなく、また、自己保身栄達のみに汲々たる気風ではなく、人類愛の精神に燃えて立ち上がる学風が、本大学に満ち溢れたいものであります。
 釈尊のお言葉、「我が如く等しくして異なること無からしめんと欲す」この一偈(げ)を、精神的根源としたいのであります。
 これぞ本大学学徒等の、魂の奥底に鳴り響かすべき、真理追求の基調でなければならないのであります。

昭和28年4月1日

学園創立者 鈴木修学

 昭和初期、福岡県「生の松原」にあったハンセン病療養所での患者さんのお世話から社会事業の道を歩み始めた創立者・鈴木修学先生の壮絶な実践活動の一環として、本学は生まれました。困窮する人びとの救済に身を投じる社会事業専門従事者の少なさに心を痛めた先生は、その養成機関の設立を決意し、檀信徒の浄財によって、1953 (昭和28)年4月、本学の前身である「中部社会事業短期大学」を開設しました。その「建学の精神」の中で、「釈尊のお言葉、『我が如く等しくして異なること無からしめんと欲す』この一偈を精神的根源にしたい」と述べています。これは、社会福祉の原点を示すものです。これを基に、学園関係者の手で『教育標語』が定められ、「万人の福祉のために、真実と慈愛と献身を」目指す教育実践が始まりました。本学の福祉研究と教育の原点を示すものです。このような建学理想は、50年の歳月を経て、いまなおみずみずしく生きています。その鋭い先見性に導かれながら、教職員と学生は一体となって本学の発展に心血を注いできました。

 収容定員160人のこの小さな大学の大きな理想は、伊勢湾台風での寝食を忘れた救援活動や阪神大震災への素早い救援ネットワーク活動など、教職員と学生が罹災者と手を携えて困難を打開する福祉実践活動の歴史的伝統を築きあげてきました。この伝統は、全収容定員1万人以上に育ってきた学園全体にも今も生き続けています。

 また、中部社会事業短期大学は、1957(昭和32)年、わが国初の福祉専門の大学に発展しました。創立者・鈴木修学先生の人間と時代を見抜く慧眼によって命名された『日本福祉大学』の名称もまた、45年を経て一層新鮮で、その輝きを増しています。私ども学園関係者は、このような学園理想と大学名称の先進性に、高い誇りと確固とした自信を持つと共に、その発展に全力を傾注し、その名を辱めない義務と責任があることを痛感しています。

『日本福祉大学50年誌』学校法人日本福祉大学(2003年10月)

「大学50年誌の発行にあたって -半世紀の歩みに思うこと―
大沢勝 日本福祉大学理事長(当時)」
より一部抜粋