このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
学園・大学案内

遺贈による寄付制度のご案内

 遺言を残すことにより、ご自身の財産の全部または一部を特定の人や団体に無償で譲与することを遺贈といいます。「遺贈による寄付制度」は相続のトラブルをなくし、ご遺志どおりの財産分配を滞りなく実現する制度で、近年、学校法人への遺贈の利用は増加しつつあります。  日本福祉大学では、卒業生、在校生父母、教職員OB及び遺贈希望の方からご相談をお受けして、提携している信託銀行をご紹介しております。
 これまでに築かれた財産を未来の日本の福祉を担う人材育成のためにご活用くださいますよう、ぜひともご検討ください。
 なお、学校法人に遺贈した財産は、相続税の非課税対象になります。

遺贈による寄付の流れ

遺贈によるご寄付の流れ

※ご相談内容に関する秘密は守られます。
遺言書の中で、本学園へのご寄付の内容を具体的にご指定いただくこと、ご意志の実現を確実なものとすることができます。

お問い合わせ先

学校法人 日本福祉大学 経理課内 募金事務室 TEL:0569-87-2215(直通)
メールアドレス : keiri@ml.n-fukushi.ac.jp

*本学園が募集する寄付金は、応募が任意であり、また入学前の募集は行っておりません。

*受付時間は平日の午前10時から午後5時までとさせていただきます。