このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 教職員の公募について
  3. 日本福祉大学大学院 社会福祉学研究科 心理臨床専攻[夜間制大学院]/日本福祉大学 心理臨床研究センター 招聘教員(教授または准教授)の募集について
教職員の公募について

日本福祉大学大学院 社会福祉学研究科 心理臨床専攻[夜間制大学院]/日本福祉大学 心理臨床研究センター 招聘教員(教授または准教授)の募集について

2018年10月11日

1.募集内容

1.募集職種

日本福祉大学大学院 招聘教員(教授または准教授)[任期付専任教員]

2.所属

日本福祉大学大学院 社会福祉学研究科 心理臨床専攻[夜間制大学院]および 日本福祉大学 心理臨床研究センター

3.採用人数

1名

4.着任時期

2019年4月1日

5.任期

1年(1年契約で通算契約期間は5年を上限[2024年3月まで])

6.担当科目・業務

  1. 公認心理師および臨床心理士養成に関わる実習科目 等
  2. その他、心理実習引率および巡回指導、院生に対するスーパービジョン、心理臨床研究センター運営業務 等
  3. 公認心理師対応科目に係る業務(企画、マネジメント)
  4. 院生の学習・研究支援等業務
  5. その他、研究科、センター諸事業に関わり、研究科長、センター長が委嘱する業務

以上、合計360時間

7.処遇等

  1. 給与、及びその他諸条件については本学の規定により処遇
  2. 保険:私立学校教職員共済

2.応募資格・応募方法等

1.応募資格

  1. 次の事項の1から3の一つに該当する者または赴任時において該当見込みの者
    1. 大学において教授、准教授、講師、助教としての教歴があり、研究上、教育上の業績のある者
    2. 大学院博士課程を修了した者、大学院修士課程修了後3年以上または大学卒業後5年以上の研究歴、教育歴があるもので、前号に準ずる業績のある者
    3. 前2号と同等以上の研究上、教育上または実務上の実績があり、招聘教員(教授または准教授)としてふさわしい経験と識見があると認められる者
  2. 臨床心理士資格を有し、臨床実践経験が5年以上あることが望ましい。
  3. 大学(大学院及び短期大学を含む)において、教授、准教授、講師、助教または非常勤講師として、心理分野に係る実習または演習の教授に関し3年以上の経験があることが望ましい
  4. 5年以内に公認心理師資格を取得予定であることが望ましい
  5. 心理臨床領域の業績があることが望ましい
  6. 採用後、夜間制大学院での勤務が可能で、名古屋キャンパスに通勤可能な範囲に居住可能な者

2.必要書類

以下の書類を提出すること。
なお、様式1~4および主要な研究業績の要旨は、必ずそれぞれ原本1通とコピー3通を提出すること。

  1. 履歴書(別紙様式1)
  2. 教育研究業績一覧(別紙様式2-1・2-2・2-3)
  3. 臨床経験に関する職務経歴書(様式自由)
  4. 著書・論文等のうち、主要な研究業績を1~3点(各1部、コピー可)

    ※業績中1本は事例研究を含む。(事例研究がない場合、別途、任意の1事例についての事例報告を加えること)

    ※それぞれ1,000字程度の要旨を添付すること(様式自由)

  5. 担当科目一覧(別紙様式3)

3.締切・提出先

  1. 締切日 2018年10月31日(水)(必着)
  2. 〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田5-22-35
    日本福祉大学 大学院事務室 心理臨床専攻 担当:中村、牧野
    (電話:052-242-3050、E-Mail:swjim@ml.n-fukushi.ac.jp)
    ※封筒に「教員採用選考応募書類」在中と朱書きし、書留郵便で送付すること。

4.その他

  1. 選考過程において面接が必要な場合には、おって面接日および必要書類について連絡する。
  2. その他、必要な事項がある場合も、おって連絡する。選考結果は、選考が終了次第本人に通知する。
  3. 応募書類は原則として返却しない。返却を希望する場合は、返信用封筒(切手貼付)、または宅配便送付状(着払)を同封すること。なお、提供を受けた個人情報は、本学の規程に従って適正に管理し、採用選考以外の目的には使用しない。

以上