このページのメインコンテンツへ移動
  1. トップページ
  2. 「ふくし」を思う
  3. 吉村輝彦 教授 研究紹介1
知

「ふくし」を思う

研究・教育活動、地域連携・社会貢献の取り組みを紹介します。

研究紹介

それぞれの想いがまちへと、
まちづくりへとつながる

~対話や交流の場のデザインとマネジメントの重要性~

吉村輝彦教授

日本福祉大学国際福祉開発学部 教授

国際福祉開発学部WEBサイトへ

※所属や肩書は講演当時のものです。

はじめに

 近年、まちづくりを進めていく上で、「地域において、自分たちで意思決定を行い、自分たちで実行し、さらに、自分たちで管理・運営していくことができる仕組みやシステムを作っていくこと」の重要性が認識されています。同時に、行政中心の上意下達に基づく「統治(ガバメント)」から多様な主体の重層的な連携に基づく「共治(ガバナンス)」によるまちづくりへと展開していく中では、まちづくりのマネジメントの仕組みそのものも転換していきます。この文脈の中で、地域まちづくりのあり方が問われています。

地域まちづくりのアクター

 地域まちづくりに関わるアクターは、町内会・自治会といった地縁組織が中心でしたが、価値観の多様化に伴って、こうした地縁組織への加入率の低下、地域団体の役員への担い手不足が課題となる一方で、志縁的なNPOや市民活動団体の活動が活発になる等、地域社会を取り巻く環境も変化しています。 広井良典(※1)や山崎亮(※2)は、コミュニティのカタチについて論じていますが、地域まちづくりの現場を見ていくと、地域に根ざした地縁組織に加えて、特定のテーマに関心を持って、志の縁で集まった志縁組織、さらには、もう少し緩い枠組みの中で、楽しいことをしたい、あるいは、学びたいという縁で集まった楽(学)縁組織が、今後の担い手として考えられます。人々のつながりも、伝統的な地縁に見られる濃密な/緊密な関係から、楽(学)縁のような緩やかな関係まで強弱があり、緩やかな(弱い)つながりの持つ可能性は今後のまちづくりの展開において鍵となります。そして、人々のまちづくりへの関わりや関心のレベルは様々ですが、実際の活動は、少なからずまちづくりにつながっています。これらを踏まえると、地域まちづくりのアクターや組織のカタチのあり方自体も問い直す必要があります。また、地域やコミュニティそのものも柔軟に捉えていく必要があるでしょう。多様な価値観を持った人々(アクター)の存在を前提に、包容力(包摂性)を持った、開かれた柔らかいプラットフォームも今後の地域まちづくりの原動力になっていくでしょう。

対話や交流の場づくりと縁づくり

 こうした中で、地域まちづくりを進めるためには、対話と交流の場を通じて、多様な人々の想いを受け止め、縁を紡ぎながら、何らかのカタチにしていくことが求められるでしょう。ここでは、実践事例として、名古屋市名東区における「めいとうまちづくりフォーラム」や高浜市における「ざっくばらんなカフェ」の取り組みを紹介します。 「めいとうまちづくりフォーラム」は、2009年度に行われた試みであり、名東区でまちづくり活動をしている市民やこれから何かに取り組みたいと思っている市民が、活動の分野や地域を越えて「わいわいがやがや」と自由に意見交換し、「わくわくどきどき」な行動につなげていくための場として位置づけられていました。

ここでは、あらかじめ明確な目標を設定した上で話し合いを行うよりは、対話や交流を通じてアクションが創出されることを期待した場づくりがなされました。すなわち、多様な参加者の自由な発想に基づく「わいわいがやがや」な対話や交流から自ら主体的に実践する多彩な「わくわくどきどき」な活動を生み出し、まちづくりへとつなげていくことを目指しました。実際に、全5回の話し合いを重ねる中で、いくつかの行動計画が生み出されました。

わいわいがやがや会議

  • (※1) 広井良典(2009)「コミュニティを問いなおす・つながり・都市・日本社会の未来」ちくま新書
  • (※2) 山崎亮(2011)「コミュニティデザイン」学芸出版社

(2012年8月11日発行 日本福祉大学同窓会会報109号より転載)

このページの上部へ