このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 愛知銀行との産学連携教育、経済学部の学生が地元企業の課題解決に挑戦しました
学園・大学案内

トピックス

愛知銀行との産学連携教育、経済学部の学生が地元企業の課題解決に挑戦しました

2018年7月4日

 経済学部の谷地ゼミナール(担当:谷地宣亮経済学部教授、「専門演習(3年)」、以下谷地ゼミ)では、産学連携協定を締結している株式会社愛知銀行(本社:名古屋市、取締役頭取:矢澤勝幸)の取引先企業の協力をえて、産学連携による教育の取り組みを進めています。

 今年は愛知県東海市の2つの企業(株式会社ホンダカーズ東海、有限会社グランツ)の全面協力のもと、谷地ゼミの3年生15人が4月から6月までの約3か月にわたり、地元企業が抱える課題を学生目線で考え、その解決策を検討してきました。

 産学連携授業の初回の4月11日(水)には、企業側から具体的なテーマ・課題が提示され、2チームに分かれた学生たちは、企業現場でのフィールドワークなどを経験。6月27日(水)に東海キャンパスで行われた谷地ゼミの成果発表会には、協力企業やマスコミ関係者ら約30人が参加しました。

株式会社ホンダカーズ東海

テーマ・課題 福祉車両の拡販に向けて~販売機会の創出・販路拡大~
取り組みの流れ ・外部環境調査
・内部環境調査
・拡販に向けた取り組みの検討→企画提案 など

ホンダカーズ東海HP  http://www.hondacars-tokai.com/

有限会社グランツ

テーマ・課題 アルコールの拡販に向けて
学生への課題 ・東海市及び知多半島の人口構成比
・上記エリア内の飲食店(業態別)構成比
・現在、若者のアルコール離れが進む中、アルコールを飲んでもらうためには?
・販売先の拡大、拡充にはどうすれば良いのか?
・酒販業以外に今後どのような新サービスが提供できるか?
 (ヒント:もの・事の2面から) など

有限会社グランツHP  http://www.grants.co.jp/

 有限会社グランツの発表を行った谷地ゼミ3年の宮原涼輔さんは、「企業関係者やマスコミ関係者が出席しているなかでの発表であったので、大変緊張した。グランツ様から提示された課題は″若者のアルコール離れ″であり、大学のサークル仲間でも飲酒しない学生が多いと普段から感じていたので、難しい課題だと思った。このイメージを払拭するために、谷地ゼミのメンバーと協力して、学生の目線で具体策を考え抜く経験をしたことは貴重であった」と感想を述べました。

 発表会に参加した愛知銀行営業統括部地域連携グループ木村敏弘グループリーダーは、「限られた時間のなかで、ここまで発表内容をまとめてきたことに感心している。今回の取り組みを通して、学生たちは現場に出て″体験″している。これが大切である。これからも恐れずに体験・体感することをしていってほしい」と学生への今後の期待を述べました。

関連リンク