このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 2011年度協働型サービスラーニング活動報告会を開催しました
学園・大学案内

トピックス

2011年度協働型サービスラーニング活動報告会を開催しました

2011年12月20日

 日本福祉大学社会福祉学部では、2008年度にサービスラーニングの教育プログラム化に着手し、知多半島地域のNPO法人との協働型サービスラーニングを実施してきました(平成20年度文部科学省「質の高い大学教育推進プログラム(教育GP)」採択事業)。
 今年度も知多半島内で地域福祉を中心に活動する26のNPO法人に協力いただき、5クラス65人の学生がサービスラーニングに取り組み、その活動報告会が12月17日(土)に開催されました。協働型サービスラーニングは、文字通り大学と学生、受け入れ先のNPO法人が対等に参画するもので、この活動が学生への教育効果だけでなく、NPO法人と地域の活性化にもつながることを目的の一つとしています。参加した学生は、活動内容の報告や各事業所と地域のつながりに関する 考察を発表したほか、NPO法人の事業発展に対する提案も行いました。また、いくつかの学生グループは活動を通して気づいた課題に対する研究にも取り組み、取りまとめた成果を発表しました。報告会にはNPO法人の方々にも出席いただき、学生の報告プレゼンテーションを受けて評価・コメントを発言いただきました。

◆活動や研究成果の発表と意見交換が重ねられた報告会