このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 国家試験対策講座「受験生の集い」を開催しました
学園・大学案内

トピックス

国家試験対策講座「受験生の集い」を開催しました

2011年12月13日

 日本福祉大学は、社会福祉士国家試験が実施されて以来、23年間連続して現役学生の合格者数で全国1位を維持しています。また、精神保健福祉士国家試験の現役学生合格率も、継続して全国平均を大きく上回っています。今年度は社会福祉学部においてスクールソーシャルワーク実習も始まり、その仕事の広がりにともなって、国家試験に臨む学生の意識も高まっています。

◆入学以来、積み重ねてきた学習の成果を発揮する時です

 1月下旬に実施される社会福祉士ならびに精神保健福祉士国家試験まで残すところ50日となった12月9日(金)、現役合格を目指す4年生が一堂に会する「受験生の集い」が開催され、受験に向けた追い込みと合格への決意を新たにしました。開会の挨拶に立った二木立副学長は、合格に向けた力強いメッセージを述べた後、合格祈願ダルマの左目を描き入れました。続いて原田正樹学長補佐による特別講座「試験に出そうな時事問題はこれだ!」が行われ、多岐に渡る出題分野から様々なアドバイスを送りました。

◆激励のメッセージを述べる二木副学長(左)と特別講座を担当する原田学長補佐

 会場に集まった200人を超す学生から代表して2人が合格への決意を力強く表明し、対策講座でお世話になった講師陣からの激励メッセージも紹介されました。今後の追い込み学習のコツや受験の注意事項などを再確認してから集いは終了。和太鼓集団「打笑組」によるエールの演奏が行われるなか、学生は明るい表情で教室を後にしました。

◆「打笑組」による力強い応援演奏

◆全員で右目を描き入れる日を迎えたいものですね