このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. イベント情報一覧
  5. 5・22福島原発農産物風評被害に勝つぞ IN 名古屋
学園・大学案内

イベント情報

5・22福島原発農産物風評被害に勝つぞ IN 名古屋

2011年5月11日

開催趣旨

 東日本大震災にともなう原発放射能汚染の影響は、福島県をはじめとする東北・北関東の第一次産業を直撃し崩壊寸前の状況に追い込んでいます。小額な年金と農産物・漁業の現金収入によって生活が維持されてきた農・漁村の生活が突然崩壊する事態となりました。
私たちは、福島県人に対する宿泊拒否や農・畜産物の風評被害に心を痛め、名古屋で何か支援ができないかを話し合ってきました。現地にボランティアとして支援活動を行うことも多くの学生から声が上がりましたが、あえて名古屋開催にこだわったのは東日本大震災の被害を名古屋市民と共有しながら「一人ひとりが何をすべきか」を考えたいからです。
全国的な支援の取り組みも活発に行われていますが、支援の必要性は長期にわたることが予想されることから、一時的な支援でなく継続した支援を行うためには、名古屋でできる手作りの支援活動が重要と考え、その出発点としてイベントを計画しました。
今回の取り組みを通して、福島の農業支援をするとともに災害に対する考え方、支援方法等の経験を積み重ね、誰でも何時でも様々な支援活動に参加・立案できる能力を得たいと考えています。

活動内容

北関東産農産物の販売および支援呼びかけ・カンパ活動

※カンパ金は、福島原発30キロ以内の社会福祉法人、介護保険事業者に対する指定寄付として福島県社会福祉協議会に送付する予定。

日時

2011年 5月22日(日) 9:00 ~ 16:00

場所

「オアシス21」
住  所:名古屋市東区東桜1-11-1
交通案内:地下鉄東山・名城線 栄駅 徒歩3分
http://sakaepark.co.jp/

主催

「5・22福島原発農産物風評被害に勝つぞ IN 名古屋」
日本福祉大学実行委員会(ゼミナール・サークル)
代表:阿形紀洋 日本福祉大学福祉経営学部3年
事務局:日本福祉大学経済学部 佐藤皓ーゼミナール(研究室)

※イベント当日は、ゼミや体育会系サークル等に所属している学生(120~150人)が参加する予定です。

後援(予定)

JAあいちグループ(県農協中央会、県信連、経済連、共済連愛知県本部、厚生連)
JA全国農業協同組合連合会
JA福島県中央会

協力・支援

名古屋在住の音楽集団「ヤポネシア」および「MARS VIOLET LOVE」等