宮田和明 前学長 葬儀 −多くの関係者が最後のお別れ

 前日本福祉大学学長で、名誉教授・学園顧問の宮田和明先生が、2010年2月5日、特発性肺線維症にてお亡くなりになりました。

 通夜は2月6日午後7時より、葬儀・告別式は翌7日午前11時より、ご長男の宮田尚志氏を喪主として、吹上愛昇殿で執り行われました。 通夜、葬儀には延べ700人を超える参列者があり、ご親族の他、本学教職員、卒業生、退職教職員、学会関係者や自治体・他大学関係者等が最後のお別れをしました。 葬儀では、加藤幸雄学長が弔辞を述べ、宮田先生の学長任期期間中の功績、研究者・教育者として残された業績を称え、先生の早すぎるご逝去を惜しみました。

 ご参列、ならびに供花・弔電をいただきました皆様には、心より御礼申し上げます。
 なお、今後、改めて先生を偲ぶ会の開催を検討しておりますので、詳細が決定次第皆様にご案内いたします。