「高齢者医療制度改革会議」のメンバーに本学教授 近藤克則氏が選出される

 

 

 厚生労働省は11月6日、後期高齢者医療制度を廃止した後の新たな制度を検討するために、「高齢者医療制度改革会議」を発足させることを発表しました。同会議メンバーに近藤克則氏(本学社会福祉学部保健福祉学科教授)が選ばれています。

 

近藤克則教授のコメント
 厚生労働大臣が主宰する「高齢者医療制度改革会議」に参加することになりました。
 受診抑制・健康格差の是正、医療費の拡大、超高齢社会に相応しい医療の実現に向けて、責務を果たしたいと思います。

 

*参考)厚生労働省ホームページ
  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000002dfn.html