福祉経営専攻

専攻概要・特徴

 
医療及び福祉はすでに選択の時代を迎えており、持続的な存続を図っていくためには、より高度なレベルでの経営能力が求められるようになりました。 誰もが医療・福祉サービスを必要とし、ますますその高いサービスレベルが求められるようになるにつれ、医療・福祉サービスの供給主体として、従来の国・地方自治体・社会福祉協議会、医療法人や社会福祉法人だけでなく民間企業等の営利組織や生活協同組合、農業協同組合、NPO法人等の非営利組織が参入するなど、競争環境が激化してきているからです。 さらに、これらのサービスを提供する医療・福祉サービス機関は多機な専門職集団によって構成されているため、管理の難易度を高めています。 このような環境変化の下、選択される医療機関や福祉(特に介護)施設になるためには、サービスの質を高いレベルで維持しつつ、同時に経営効率を追求する「医療・福祉経営」が強く要請されているのです。
 
本専攻では、利用者本位の安全で質の高い医療・福祉サービスを持続的に提供するための「医療・福祉経営のあり方」について研究します。 医療機関や福祉施設をはじめ、医療・福祉を支えている関連産業の民間企業やベンチャー企業、その他NPO組織等の経営について、経営学の幅広い視点(経営戦略、マーケティング、組織マネジメント、会計・ファイナンスなど)から研究を進めています。
 
このような研究教育を通じて、本専攻では、特に保健・医療・福祉領域の職業に従事する社会人やこれらの領域を対象とする研究教育機関、企業やNPO法人などに勤める社会人を対象に、高度専門職業人(大学教員・研究者、コンサルタントなど)を養成します。
 

入学相談会
入試日程
大学院イニシアティブ
21世紀COEプログラム
専攻概要・特徴
科目・担当教員一覧
博士学位取得までの流れ[PDF]
入試要項
博士学位論文テーマ
博士学位授与実績
資料請求ページへ(別ウィンドウが開きます)
問い合わせページへ(別ウィンドウが開きます)