日本福祉大学大学院 国際シンポジウム「社会開発と地域の福祉」


日本福祉大学では、文部科学省により採択された 21世紀COEプログラム(世界水準の研究拠点づくり 2003-2008年)以来、全学を挙げて「福祉と開発の融合」による新領域の開拓に努めてきました。その成果として、大学院博士課程を統合して福祉社会開発研究科を設置し、また COE のフォローアップとして、アジア福祉社会開発研究センターを開設しました。その後、同センターは5年間にわたる国際共同フィールドワークを展開する一方、教育面で社会開発領域を担ってきた大学院 国際社会開発研究科(通信制)は、このほど設置10周年を迎えています。この機会に、過去10年の社会開発の進展を振り返り、あらためて地域における福祉向上の視点から次の10年の課題を明らかにするシンポジウムを開催します。招待講演者やパネリストは、すべて同研究科で毎年それぞれ海外スクーリングや院生指導を担当してきた世界有数の研究者たちです。本シンポジウムは、アジア福祉社会開発研究センターと大学院 国際社会開発研究科の共催により一般公開(日英同時通訳付き)し、多くの方々との意見交換を図るものです。

■基調講演1「社会開発の回顧と展望」の視聴について2012-12-27掲載
国際シンポジウム「社会開発と地域の福祉」は開催を終了いたしました。多数の参加をいただき、誠にありがとうございました。現在、プログラム午前の部に行われた、ジェームズ・ミジレイ教授による「基調講演1」の日本語版と英語版をご視聴いただけます。
ミジレイ教授「基調講演」英語版
ミジレイ教授「基調講演」英語版
日時
2012年 11月23日(金・祝) 10時00分〜18時00分 (9時30分より受付開始)
※開催終了しました。
申し込み方法
国際シンポジウムへの参加はホームページ/FAXで受け付けます。    【定員に達し次第、受付終了】
※参加申し込みは受付を終了しました。
  多数のお申し込み、誠にありがとうございました。
参加費
無 料
定員
100名
プログラム
◆ 午前の部10時00分〜12時50分
◇開会挨拶 加藤 幸雄 (日本福祉大学 学長)
◇基調講演1 「社会開発の回顧と展望」
ジェームズ・ミジレイ (日本福祉大学客員教授、カリフォルニア大学バークレー校社会福祉学院教授)
◇基調講演2 「地域社会と開発」
余語トシヒロ (日本福祉大学客員教授)
◆ 午後の部14時30分〜17時50分
◇パネルディスカッション 「社会開発と地域の福祉」
【パネリスト】
G.K.チャダ  (ジャワハルラルネルー大学前VC、サウスアジア大学学長)
A.G.マナリリ  (フィリピン大学ソーシャルワークコミュニティ開発学部教授)
P.O.アリラ  (ナイロビ大学開発研究所長)
平野 隆之  (日本福祉大学 総合研究機構長・学長補佐)
【コーディネーター】
穂坂 光彦  (日本福祉大学 アジア福祉社会開発研究センター長)
◇閉会挨拶 千頭 聡 (日本福祉大学大学院 国際社会開発研究科長)
会場
名古屋国際会議場 国際会議室
 
〒456-0036
名古屋市熱田区熱田西町1番1号
TEL: 052-683-7711
FAX: 052-683-7777
 
【アクセス】
・地下鉄 名港線「日比野」駅 徒歩約5分
・地下鉄 名城線「西高蔵」駅 徒歩約5分
画像)会場案内
問い合わせ
日本福祉大学 大学院事務室
TEL: 052-242-3050  FAX: 052-242-3072  E-Mail:isdjim@ml.n-fukushi.ac.jp

2012-10-19 公開