このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
経済学部

経済学部
学部トピックス

地域というフィールドで生きた
経済・経営を体感

経済・経営は“いきもの”です。机上で理論を学ぶだけでなく、地域に出てその動きを体感しながら学ぶことが効果的です。経済学部では、両方のバランスを重視し、理論学習と並んでフィールド学習の機会を豊富に設けています。その代表例とも言える1年次の「地域社会と共生」と、2~3年次の「地域研究プロジェクト」を紹介します。

4年間のイメージ

1年次前期
そもそも“地域社会”って何だ?

多数のゲスト講師から学ぶ「地域社会と共生」

東海市を舞台に具体的に学ぶ

1年次の春~夏は、経済学部で学ぶための準備期間。この時期を代表する科目が「地域社会と共生」です。人間の経済活動が営まれる場である地域社会の強みと課題を発見する視点や、地域社会と自分の関わり方を身につけることを目的とし、キャンパスのある東海市を舞台として具体的に学びます。

地域のゲスト講師が次々と登場

全15講の大半がゲスト講師による講義です。これまでには、東海市役所、東海警察署、NPO法人、企業などから講師を招請。東海市が創業の地であるカゴメ株式会社からは市内工場責任者が登壇し、小中学校で毎月実施する「トマト給食」など、地域の健康に貢献する活動が紹介されました。

グループ討議で総仕上げ

最終回はそれまでの講義を踏まえて、東海市のまちづくりをテーマにグループディスカッションを行います。過去には「世代を超えたスポーツ交流拠点の整備」「無農薬野菜を生産・販売・提供するまち」など、さまざまなアイデアが学生自身によりプレゼンテーションされました。

2年次後期~ 3年次後期
地域課題を自分たちの手で解決!

地域の方々と協働する「地域研究プロジェクト」

課題解決を通じ社会人基礎力を養う

産業振興やコミュニティづくりなど、地域の課題解決につながる事業を自治体や地域関係者と協働しながら実践する科目です。学生は自ら進んで考え、動き、学ぶことを通して課題設定・解決能力、コミュニケーション能力、リーダーシップや協調性といった座学では習得できない社会で役立つ力を身につけます。過去には、徳吉醸造株式会社(愛知県南知多町)との共同で新商品「のせる醤油 福だまり」を開発し、大学生協などで販売した実績もあります。2017年度のプロジェクト活動は以下の通りです。

東海デジタルマッププロジェクト

スマートフォンで地図アプリを使う人が増えていますが、“表示されたお店に行ってみたら移転していた”など、不便なこともあります。そこで、他大学ゼミナールと共同で、東海市の企業やスポットを調査。デジタルマップを用いた情報発信の方法と効果を検討しています。

まちのにぎわいプロジェクト

「にぎわいのあるまち」をテーマに、地域イベントや特産品の調査・分析・企画を行っています。2016年には前年に引き続き、株式会社トラムスコープ「パンのトラ」と一緒にチャリティーパンのアイデアを検討し、学生オリジナルのパンを開発・販売しました。

VC※プロジェクト ※ボランティア・コーディネート

いざというときに役立つ人材の育成をめざし、防災紙芝居の上演、長野県辰野町の村おこし、フィリピンでのマングローブの植樹、環境にやさしい電気自動車(EV)の普及の、4つの活動に取り組んでいます。

特別企画
経済学部開設40周年、大和ハウス会長講演会

日本福祉大学の第二の学部として1976年に誕生した経済学部。2016年に開設40周年を迎え、記念講演会を開催しました。第一部では、大和ハウス工業株式会社の樋口武男会長に「経営者に学ぶ社会を生き抜く力」のテーマで講演いただきました。また第二部の分科会では、経済学部の学生に卒業生や地域の方々も加わって業界研究会を実施。金融・建設・流通・行政・医療福祉などの業界動向を知る機会となりました。今後も伝統と地域特性を活かし、産業界や同窓会と連携したプログラムを展開していきます。

キャリア形成支援

高い就職実績を裏づける
独自のキャリア形成支援!

経済学・経営学の学びは仕事に活かしてこそ真価を発揮します。経済学部では、40年の伝統、そして地域特性を活かした産官学連携教育により、学生の卒業後の進路選択を支援しています。

キャリア開発

2年次前期の「キャリア開発Ⅰ」では、本学部が想定する分野で活躍する卒業生を中心としたゲスト講師から仕事内容とやりがいなどを学び、職業や雇用に関する基礎知識を習得します。3年次前期の「キャリア開発Ⅱ」では就職活動に不可欠なコミュニケーション能力や論理的思考方法などをトレーニング。自己分析や業界に関する理解も深めます。就活直前の3年次後期の「キャリア開発Ⅲ」では、履歴書の書き方や面接試験対策など実践的スキルを身につけます。

地域金融・証券論

3年次の「地域金融」では、地方銀行や信用金庫など現場の第一線で活躍するゲストの講義を受け、地域金融機関の取り組みや現状などを通して地域金融機関の役割を学びます。また「証券論」では野村證券による証券市場に関するタイムリーな話題を中心に、株式市場・債券市場・投資信託の役割、ライフ・プランニングなどについて実例を交えながら学びます。

特別講義

3年次の「特別講義Ⅰ(経営者講座)」は企業や非営利組織の経営者によるリレー講義。経営哲学・経営戦略の要点を学びます。ゲストには、本学と産学連携を締結している企業をはじめ、アサヒサンクリーン(訪問入浴介護のパイオニア)、新日鐵住金(鉄鋼業界シェア1位)、といった地域の大手・優良企業や自治体を招いています。

2016年度のゲスト講師派遣企業・自治体

浜松赤十字病院、デンソー、知多信用金庫、中部国際空港、リクルートキャリア、ユニー・ファミリマート・ホールディングス、トヨタホーム、JR東海、南知多町観光協会、名古屋銀行、百五銀行、岐阜信用金庫、愛知銀行、碧海信用金庫、東濃信用金庫、半田信用金庫、豊田通商、大同特殊鋼、新日鐵住金、名古屋鉄道、OKB総研、知多メディアスネットワーク、東海市役所、カゴメ、中日新聞社、日立製作所、TOTO、長野県 ほか

就職実績

トップレベルの就職実績
幅広い分野で活躍中

経済学部 就職希望者就職率
就職者数÷就職希望者数

98.4 %

経済学部 卒業生就職率
就職者数÷卒業者数

95.3 %

※2016年3月卒業生データ

過去の主な就職先一覧

運輸省、経済産業省、国税庁、国土交通省、財務省、総務省、農林水産省、法務省、愛知県庁、岐阜県庁、三重県庁、滋賀県庁、富山県庁、石川県庁、東京都庁、JTBグループ、エイチ・アイ・エス(HIS)、SMBC日興証券、三井住友海上火災保険、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、第一生命保険、東京海上日動火災保険、日本生命保険、愛知銀行、岡崎信用金庫、岐阜信用金庫、知多信用金庫、半田信用金庫、碧海信用金庫、浜松信用金庫、あいち三河農業協同組合、あいち知多農業協同組合、ぎふ農業協同組合、TOTO、アイシン精機、豊田自動織機、ヤマハ発動機、東芝、パナソニック、日立製作所、本田技研工業、新日鐵住金、中部国際空港、東日本旅客鉄道(JR東日本)、西日本旅客鉄道(JR西日本)、東海旅客鉄道(JR東海)、全日本空輸(ANA)、NTT西日本、日本マイクロソフト、日本アイ・ビー・エム、三菱商事、住友林業、下伊那赤十字病院、聖隷福祉事業団、名古屋第一赤十字病院、名古屋第二赤十字病院、浜松赤十字病院、医療法人豊田会刈谷豊田総合病院、名古屋市社会福祉協議会

資格取得支援

医業経営管理能力検定

医療分野を志望する人はもちろん
地域金融分野をめざす人にも。

「医業経営管理能力検定」は、公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会が大学生を対象として実施する検定試験です。医療と経営の両分野にわたる知識とスキルを認定するもので、医療機関への就職を考える人はもちろん、製薬・医療機器など医療関連業界、さらには地域金融機関などを志望する人にとっても意義ある検定と言えます。経済学部で指定科目を取得すると受験資格が得られ、在学中の受験も可能です。

医業経営管理能力検定受験資格要件科目

2年次

人材マネジメント、マーケティング、医学概論、医療福祉政策Ⅰ(経済)

3年次

医療福祉経営論、医療情報管理、医療福祉会計、医療福祉関係法