1. HOME > 
  2. 公務員

公務員

講座紹介

  はじめからよくわかる! 数学・英語基礎講座 [美浜開講]  
  公務員・教養試験対策講座 通年コース [美浜開講]
  公務員試験直前対策講座(4年生対象) [美浜開講]  
公務員トリプル合格!
(法務省法務教官・名古屋市社会福祉職・愛知県東浦町事務職)
受講体験記

社会福祉学部 社会福祉学科 T.Aさん
(2015年度 公務員・教養試験対策講座 通年コース、
2016年度 公務員試験直前対策講座 福祉職・心理職コース受講)

■ 私の勉強法

 3年生の5月から、CDPの通年講座を受講していました。講座にはなるべく出席し、主に教養試験の対策を行いました。本格的に勉強を始めたのは、3年生の春休み頃からです。春休み中にはキャリア開発課の論作文対策講座を受講し、早めに対策することで、直前期には教養試験・専門試験の対策に集中することができました。直前期(4年生の4月以降)には、直前対策講座を受講し、キャリア開発課の集中勉強会に参加しました。直前対策講座では模試の見直しや、面接対策など行い、集中勉強会では知識科目に焦点を当てた対策を行いました。講座や勉強会など、とにかく活用できるものは活用し、公務員試験の対策に励んでいました。

■ 勉強で苦労した科目(単元)とその克服方法

 私は特に知識科目を苦手としていました。初めは一般知能も苦手だと感じていたのですが、とにかく問題数をこなしていくうちに慣れ、知識科目に対する苦手意識がより強くなりました。CDP講座だけでなく、キャリア開発課の公務員講座や支援を最大活用しました。ただ受け身になるのではなく、自分で考える形で対策することができたので、参加してよかったです。

■ 講座を受講してよかったこと

 通年講座では基礎的な問題をさらうことができるので、欠かさず参加してよかったです。直前対策講座では模試の点数だけに注目するのではなく、模試をどう活用するかということを考えて取り組みました。本番どのような順番で問題を解いていくのか、時間配分はどうするのかなど、自分にあったやり方を見つけることができました。模試の点数はあまり上がりませんでしたが、実践の数を積み、見直しを行うことで力をつけることができたと思います。講座の内容はどれも、講師が重要なポイントを絞って解説してくれるので、とても満足のいくものでした。また、そういったものに参加することで、まわりの仲間と一緒に頑張ることができたのでよかったです。

■ CDPで学ぶ後輩たちへのアドバイス

 勉強の開始時期は人それぞれですが、今思い返すと、早めに基礎対策を始めていてよかったということです。まだまだ時間があると思っていても、試験はあっという間に来ます。試験の対策には継続的な勉強が大切ですが、私は集中し続けるのがとても苦手でした。集中が切れないよう、講座などはとにかく活用し、自分の集中できる場を確保しました。それでも、勉強がうまくいかなかったり、集中が切れたりすることもたくさんありました。そんなときは考えすぎず、うまく時間を使って息抜きもしてくださいね。とにかく諦めない気持ちがあれば、合格に近づけると思います。応援しています!