病院の中に、福祉の専門職だからこそできる仕事がある、
患者さんの生活が豊かになるために私は関わりたい。

長野の良さと、
他の地域との違いの両方に
気づくことができました

 中南信地方の病院や公的機関のソーシャルワーカーには、日本福祉大学の卒業生がとても多いのです。職場でも、打合せや会議に出かけても、卒業生に会わない日はないくらい。学生時代から、日本福祉大学の学生は社会や福祉について熱い気持ちを持った人が多いと感じていましたが、卒業後もその思いを忘れず、誠実に働き続けている人ばかりで尊敬します。
日本福祉大学には長野県からもたくさんの人が進学していますが、日本全国の都道府県から学生が集まっていますよね。私は高校まで長野しか知らなかったので、大学に入ってから視野が広がったこともうれしかったです。いろいろな場所に一生の友人がいる、という幸せを得ることができました。

ソーシャルワーカーとして
多様な職場を経験

 在学中は自分が何を目ざしているのかを模索していた時期でした。4年生の時に「ソーシャルワーカーになりたい」と思い、卒業後、働きながら日本福祉大学中央福祉専門学校に入学。通信課程で学びながら社会福祉士の資格を取得しました。多くの機関や職種をつなぎ、その人の問題解決のお手伝いができる相談支援の仕事に魅力を感じたのがその理由です。
 最初に就いた仕事は精神科病院での相談員でした。精神科医療に対する知識はほとんどありませんでしたが、日本福祉大学の卒業生でもある職場の先輩や、患者さんたちに多くを教えていただきました。その後は山梨県職員として精神保健福祉行政で働き、この時に精神保健福祉士の資格も取得しました。その後、また長野に戻り町立辰野病院で医療ソーシャルワーカーとして働いています。

病院の中と外、そして人と人とを
つないでいく仕事です

 私は当院を利用される患者さん、ご家族の相談をお伺いしています。病気は治っても、治療費は払えるか?介護は誰にお願いするか?など、その後の生活の不安を抱える方がたくさんいらっしゃいます。そこで患者さんやご家族のお話をよく聞き、望む生活を叶えるお手伝いができることがこの仕事の最大の喜びです。必要に応じて町の保健師さんやケアマネジャーさんとも話しあい、介護・福祉サービスの提案等患者さんが安心して暮らせる方法をともに考えていきます。
 私たちが関わることにより患者さんの生活が豊かになれば、と思いながら仕事をしています。退院した患者さんやご家族が笑顔で過ごされている姿を見かけると、こんなに嬉しいことはないと感じます。

学生時代でなければ
できないことに力を注いで

 自分の大学生活を振り返ると、もっと学生時代でなければできないことをやっておけばよかった!と思います。何となく過ごすのではなく、勉強でもアルバイトでも、サークル活動でも旅行でもよいので、何か打ち込めるものを見つけて、中身の濃い4年間を過ごしてもらえたらと思います。
 人と関わる仕事は、「これが絶対に正しい!」という正解のある仕事ではありません。大変だと思われるかもしれませんが、その分、毎日を新鮮に感じられる仕事でもあると実感しています。これからも、このメッセージを見ている皆さんや在学生の皆さんと一緒に仕事をしたいと心から願っています。