このページのメインコンテンツへ移動

経済援助学費減免奨学生(入学前)

募集要項

はじめに

昨今の経済不況の影響は暮らしを直撃し、大学進学を望みながら進路変更を余儀なくされている高校生などの現状はご承知のとおりです。また、学力試験上位層に対する給費制度や低所得層に対する奨学金は、多くの大学や公的機関の奨学金制度によって整いつつあります。
そこで本学では、これまでの各種奨学金制度に加えて、以下のとおり「大学で何がしたいか」という「目的意識」「やる気」を評価し、家庭状況や居住地(過疎地であることなど)を勘案しつつ、支援を入学前に決定する奨学金を募集いたします。
この制度が大学進学をめざす方々への一助となることを期待しています。

1.募集区分及び申請期間

募集区分

1). 経済援助学費減免奨学生A
募集定員 70名
内容 4年間の授業料を半額減免
対象
入学試験
全入学試験(外国人留学生入学試験、編転入学試験を除く)
申請資格

以下の1から4をすべて満たす者

  1. 対象となる入学試験の出願資格を満たしている者
  2. 「挑戦する意欲」
    公務員、税理士、公認会計士、2種類の国家試験相当資格、社会調査士、建築士、英検準1級以上等の合格、 TOEIC730点以上、スポーツで全国大会出場等を目標とする者
  3. 「くらしの状況」
    施設入所者、兄弟姉妹が本人を含め3人以上の者、父子・母子家庭、三世代同居、要介護者、障害者認定 を受けた者との同居、過疎地に居住、下宿して通学する者、主たる家計支持者の年収が概ね300万円以下の者
    ※いずれかを満たすこと
  4. 「教職員」との事前面談 
    アドミッションポリシー(大学が求める人物像)の確認
    進学相談会などで面談が可能です
    ※入学後の本学独自の奨学金制度「日本福祉大学経済援助給付奨学金」との併用は出来ません。
2). 兄弟姉妹奨学生
内容 兄弟姉妹同時在学期間に限り、2人目以降の兄弟姉妹の「授業料」を半額減免
対象
入学試験
全入学試験(外国人留学生入学試験、編転入学試験を除く)
申請資格

以下の1から4をすべて満たす者

  1. 対象となる入学試験の出願資格を満たしている者
  2. 「挑戦する意欲」
    公務員・税理士・公認会計士・2種類の国家試験相当資格・社会調査士・建築士・英検準1級以上等の合格、TOEIC730点以上、スポーツで全国大会出場等を目標とする者
  3. 兄弟・姉妹のいずれかが、本学通学課程に在学している者
  4. 「教職員」との事前面談
    アドミッションポリシー(大学が求める人物像)の確認
    進学相談会などで面談が可能です
    ※入学後の本学独自の奨学金制度「日本福祉大学経済援助給付奨学金」との併用は出来ません。

申請期間

各入学試験の出願期間と同じ
申請書・証明書類等全て、受験する願書の封筒に同封してください。追加申請は一切できません。

2.申請手続

1)申請書類

1)経済援助学費減免奨学生A
2)兄弟姉妹奨学生
  1. 経済援助学費減免奨学生制度申請書
    ※申請書には、あてはまる項目をすべて記入すること(例:母子家庭、3人兄弟、下宿)
  2. 申請資格3を証明する書類
    家族構成のわかる書類、居住地を証明する書類(住民票等)、
    主たる家計支持者の平成26年度分の所得を証明する書類(源泉徴収票、確定申告書(写)など)等
    ※コピー可

2)申請書類の提出

  1. 上記書類を受験する入学試験願書の封筒に同封してください
  2. 複数の入試を併願する場合は、出願封筒1通につき、提出書類を1セットご準備ください

3.選考と発表

各入学試験の合格発表日に、「採用(不採用)通知」を発送いたします。
この通知書類以外の方法で内定、決定の通知がされることはありません。

4.注意事項

  1. AO入学試験、スポーツ分野入学試験、文化・芸術分野入学試験、指定校推薦入学試験、付属高等学校推薦入学試験、自治体推薦入学試験、提携法人・連携法人推薦入学試験では、出願資格が「本学への入学を専願とする者」となっています。「奨学生制度不採用」を理由に入学を辞退することはできません。ご了解の上、申請してください。
  2. 「経済援助学費減免奨学生選考結果通知」の書類は、入学試験の合格発表日に発送します。この書類以外の方法で、内定、決定の通知がされることはありません。
  3. 採用内定後、他の入学試験で合格された場合(再受験)において転用することもできません。したがって、再受験の場合は、再申請が必要です(次回も必ず採用されるわけではありません)。
  4. 奨学生として採用されても、無条件で学費の減免を4年間保障するものではありません。学生生活の状況によっては、支援を打ち切ることがあります。
  5. 申請書類は、いかなる場合においても返還及び閲覧の要請にはお応えできません。
  6. 奨学生制度に申請する者は、事前面談が必要となります。各種イベントにご参加ください。
  7. 選考結果の理由については一切お答えすることが出来ません。

5.その他

1)災害救助法適用地域等特別枠奨学生A

災害被災地などに在住の受験生を対象とした特別枠を設定しています。
災害救助法適用の対象地域については、下記をご参照ください。

2)お問い合わせ先

日本福祉大学 入学広報課
TEL 0569-87-2212 FAX 0569-87-5849
E-Mail nyushi@ml.n-fukushi.ac.jp

page top