このページのメインコンテンツへ移動

進路紹介
Career

卒業生メッセージ

中京大学 スポーツ科学部 岩松みさとさん

高校での学びや経験を糧に
体育教員として活躍したい

中京大学 スポーツ科学部 岩松みさとさん

スポーツを先取りして学びたい

小さいころから器械体操とバスケットボールをやってきて、スポーツが大好きでした。付属高校にスポーツコースができるということを知ったのは、公開見学会に参加したとき。コースの内容も部活動のためではなく、高校のうちから先取りしてスポーツについて学ぶことができる点に興味を持ちました。その際、生徒会の活動紹介で、「付属高校なら成長できる」と大勢の前で堂々と話す先輩の姿を見て、付属高校には地元の公立高校にはない魅力があると感じました。

多くの経験を通じて知識と人間性が成長

2年生になり希望どおりスポーツコースを選択しました。授業では、全国トップレベルでさまざまな指導をされてきた体育の先生からリアルな話を聴くことができ、多くのことを吸収できました。そして、授業で学んだ体のつくりなどを、これまで経験したことがなかった競技の実践を通して体感したり、自分が保健の先生になって模擬授業をしたりと、いろいろな経験が積めました。
一方で、バスケットボール部で部長を務めたことは、部員をまとめていく過程を通して人間的な成長につながったと思います。また、学年議長団では議長として大勢の同級生の前で話をする機会があり、いかにして人に伝えるかということを考えました。度胸も必要でしたが、それは今後の自分に必ず生きてくると思います。

学びのチャンスを逃さず、体育の教員へ

進路は体育の教員になりたいという夢を叶えるため、スポーツ教育が学べる大学を選択しました。大学のカリキュラムの中に「教育指導実習」という授業があり、地域の小学校などでボランティアとしてスポーツ指導をする機会があります。また、講義の一環で、大学内の部活動を見学することができ、そこでは超一線級のコーチの指導を間近で見ることができます。それらの絶好の機会を逃さずに学び、夢である体育の教員になりたいと頑張っています。

※掲載原稿は、すべて大学在学時に取材したときのものです。

一覧に戻る

このページのトップへ

page top